データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



阪神が18年ぶり優勝。ダイエーでは100打点カルテットが誕生 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2003年編~

2020/11/14

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

2003年のパ・リーグ

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点
ダイエー  140 .599 822 588  234
西武    140 .558 692 660  32
大阪近鉄  140 .536 718 632  86
ロッテ   140 .496 651 665  -14
日本ハム  140 .456 675 738  -63
オリックス 140 .353 652 927  -275
 

 
 並みいる強打者を抑え、wRAA56.1を記録した小笠原道大(日本ハム)が初の1位となった。.360の高打率で首位打者となったほか、wRAA、1打席あたりの得点貢献を表すwOBA(※3)など得点生産指標を独占。出塁率は.473と5割に迫る好成績をマークした。この頃は歴史的な好成績が続出する年代であった。
 
 2位アレックス・カブレラ(西武)は50本塁打を記録し、.705の長打率で圧倒したものの、小笠原の極めて高い出塁率と、自身の欠場の多さも響いて前年の1位から転落している。またカブレラはこの年50本塁打を放ちながら本塁打王を獲得できていない。7位のタフィー・ローズ(近鉄)が51本塁打を放っていたためである。ただローズもこの年は打率.276をはじめとして、本塁打と四球以外のスタッツが優れずやや低調であった。ローズのwRAAの推移は興味深く、この年から3年間よりも、40歳が近づいて日本に復帰してきた頃の方がむしろ良好な数値を残している。
 
 ほかには、和田一浩(西武)が自己最高の成績をマークして3位にランクイン。井口資仁(ダイエー)はそれまでのキャリアハイ打率が.261だったが、それを一気に.340まで改善して別人のような打撃を披露している。wRAA44.8で4位にランクインするなど、ダイエー強力打線の中核となった。同じダイエーでは松中信彦が123打点で打点王となったほか、全般的に優秀な各種スタッツを記録してwRAA40.7で5位。この頃の松中は長打率よりも出塁率の高さに特性があった。
 
 ベスト10圏外の選手では松井稼頭央(西武)を取り上げる。松井はこの年、圏外ながらリーグ2位の322塁打を記録。2000年と2002年には最多塁打を獲得した松井だが、この年は1位城島の327にわずか5塁打の差で1位を逃がしている。
 
 リーグ全体を見ると、この年は記録的な打者優位シーズンとなった。強打者を揃えたダイエーが822得点のパ・リーグ新記録をマーク。また、オリックスの927失点も歴代最多記録であった。ベスト10の打者全員の合算で長打率は.596、出塁率は10人とも4割超えなど、打撃を抑えきれていない様子がはっきりと表れている。なお、両リーグともに捕手が強打者であった2チームが打線に切れ目を生ませず、最多得点を記録して優勝している。

2003年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
阪神   140 .630 728 538  190
中日   140 .525 616 578  38
読売   140 .518 654 681  -27
ヤクルト 140 .518 683 627  56
広島   140 .486 558 653  -95
横浜   140 .324 563 725  -162
 

 
 セ・リーグはメンバーの顔触れががらりと変わったシーズンとなった。松井秀喜とロベルト・ペタジーニ(読売)の名前が消え、1位はwRAA45.1を記録した福留孝介(中日)となった。打撃三部門では無冠だったが、前年から長打力が増しすべての項目に良好な結果を残している。出塁率、wRAA、wOBAなど、得点生産に直結する指標では長打率以外すべてでリーグナンバー1となった。またこの年の福留は三塁打11本という珍しい数字もマークしている。2ケタ三塁打はセ・リーグでは23年ぶりのもので、優秀なベースランナーとしてのスピードを示している。スタッツ全般に前年のブレイクがフロックではなかったことを示したかたちである。
 
 2位に入ったのは自己最高のパフォーマンスを発揮したアレックス・ラミレス(ヤクルト)。特に打撃3部門の数字は優秀で、40本124打点で本塁打・打点王を獲得するなど、すべて福留の数字を上回った。しかし福留に比べると四球が少なく、凡退によってアウト多く与えたこともあってセイバーメトリクスの評価では一歩譲ることとなっている。
 
 ほかには、ここまで安定して好成績を残し続けていた高橋由伸(読売)がwRAA27.6で3位に浮上。西武から移籍の鈴木健(ヤクルト)が好調で4位。ラミレスとタイで本塁打王を獲得したタイロン・ウッズ(横浜)が5位と並ぶが、この年の話題の中心は優勝した阪神勢ではないだろうか。
 
 阪神打線でベスト10に入ったのは8-10位の矢野輝弘、ジョージ・アリアス、金本知憲。トップを争う打者はいなかったものの各打者が高い能力を示した。特に守備力が重視されるため本来なら打撃面で弱点となるはずの捕手・二塁手・遊撃手に、それぞれ矢野、今岡誠、藤本敦士と好打者を揃えることに成功。これが大きな要因になり、リーグ最多の728得点を挙げた。完全に暗黒時代を抜けたシーズンである。ベスト10圏外選手でも、11位に打率.340で首位打者を獲得した今岡をあげている。
 
 このシーズンのランキングを最も変則的な結果としてしまったのは規定打席不足のペタジーニである。本ランキングに採用しているwRAAは積み上げ要素が強い指標で、打席数が多いほど高い値を記録するには有利になる。しかしペタジーニはこの年414打席と規定打席不足ながら福留の45.1を上回るwRAA45.6を記録。参考記録ではあるが1位となってしまったのだ。これは後にも先にも唯一で、当然のことながら1打席あたりの質を表すwOBA.474は1位福留の.424を圧倒している。歴史上最強の規定打席不足と断言でき、いかに恐ろしい打者であったのかを如実に物語っている。
 
 この頃は打率同様、長打率も「規定打席に不足する分をすべて凡打として扱ってもなお1位の場合はその打者を最高長打率とする」ルールが適用されていた。しかし出塁率にはなぜかその規定がなかった。ペタジーニはこの条件で出塁率・長打率どちらも1位であったが、長打率のみ1位となるという、スタッツ的にかなり訳ありのシーズンを演出することとなっている。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集