データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



4球団競合の佐々木朗希、3球団競合の奥川恭伸と石川昂弥、新人王候補筆頭の森下暢仁…ドラフト目前、2019年ドラ1の今季を振り返る【ドラフト2020】

2020/10/21

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 レギュラーシーズンも佳境を迎えたプロ野球。ドラフト会議を26日に控え、各球団が新戦力を迎える準備を進めている。今年は最速155キロ左腕の早川隆久(早稲田大)や、左の大砲・佐藤輝明(近畿大)、社会人ナンバー1投手の呼び声高い栗林良吏(トヨタ自動車)ら即戦力選手に加え、昨秋の明治神宮大会優勝投手・髙橋宏斗(中京大中京高)や、2年時に2季連続甲子園4強進出の原動力となった中森俊介、来田涼斗(ともに明石商業高)ら将来性豊かな高校生もドラフト1位候補に名を連ねている。
 

 
 昨年のドラフト会議では、佐々木朗希(ロッテ)、奥川恭伸(ヤクルト)、石川昂弥(中日)、森下暢仁(広島)らが注目を集め、いずれも1位指名を得た。今季1位指名で入団した12選手はどのようなルーキーイヤーを過ごしたのか。(個人成績は10月19日終了時点)

【次ページ】セ・リーグ
1 2 3


  • 記者募集