データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



広島・野村謙二郎がトリプル3を達成 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1995年編~

2020/10/12

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 

 この年は阪神淡路大震災の年である。当時は戦後最大の災害であったし、これほどの災害を存命中に再び見ることはあるまいと何の根拠もなく想像していた。なお、地下鉄サリン事件もこの年の3月であった。球界にも同様に大事件が発生。野茂英雄のメジャー流出である。登板日には早朝・深夜に関わらず固唾をのんで見守った覚えのある方が多いのではないだろうか。

【次ページ】1995年のパ・リーグ
1 2 3


  • 記者募集