データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



伝説の「10.19」。セでは「ブンブン丸」池山隆寛が台頭 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1988年編~

2020/09/16

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1988年のパ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
西武   130 .589 645 531  114
近鉄   130 .587 515 446  69
日本ハム 130 .488 455 448  7
阪急   130 .469 532 578  -46
南海   130 .450 578 607  -29
ロッテ  130 .422 486 601  -115
 

 
 門田博光(南海)が40歳にして44本塁打を放ち、キャリア最後の本塁打王を獲得。これにより「不惑の大砲」の異名が定着した。この年の門田は本塁打のほかにも打点、四球、出塁率、長打率でリーグ最高の値を記録。総合打撃指標wRAA及び、1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)でもリーグトップとなった。これで門田は3度目のリーグトップである。直近20年のパ・リーグで最高出塁率・長打率を独占した選手は門田と落合博満(当時ロッテ)のみである。
 
 2位には西武のバークレオ。.268と打率は低かったが、四球獲得と長打に特化した打者だった。打者の長打力を示すISO(長打率-打率)では門田の.322を上回る.350を記録。wOBAでは門田の.436に対し、.432と際どく迫った。翌年、シーズン途中に西武はオレステス・デストラーデを獲得。これによりバークレオは出場機会を失うが、もう少しプレーを見てみたい選手だった。
 
 3位4位にも西武の清原和博と秋山幸二がランクイン。それぞれパワーを主武器とした選手だが、清原は選球眼、秋山は脚力が際立ったオプションとなっている。西武はほかの選手も堅調な打撃を示し、いよいよ打線は手が付けられなくなってきた。チーム645得点は他チームの平均を132点上回った。しかしこの年は投手陣の不調で苦戦を招き、シーズン最終盤には近鉄にゲーム差なしまで詰め寄られることになった。西武は近鉄-ロッテ最終戦の劇的な引分けに救われての優勝。これが現在でも語り草となっている「10.19」である。この年と翌年の優勝争いは、筆者が実際に見た中で最も素晴らしいデッドヒートであった。
 
 その主役となったのがベスト10圏外のラルフ・ブライアント(近鉄)。チームの主軸であったリチャード・デービスが大麻取締法違反で逮捕されたことを受け、急きょ中日から加わっていた。当時の外国人枠は2名まで。ブライアントは中日の3番手外国人でそれほど大きな期待がされていたわけではなかった。そのブライアントが302打席とはいえ恐るべき打撃を見せる。267打数で34本塁打。長打率は驚異の.719、wOBAも.456と規定打席到達組のトップである門田を大きく上回った。このブライアントの変貌が10.19のドラマを生んだわけだ。
 
 リーグ全体の打撃状況は、2~3年前から比べるとはかなり変わってきたようだ。この年は一時期に比べると飛ばないボールが使用されていたようで、リーグ総本塁打は810本。3年前の1050本から約23%減となっている。

1988年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
中日   130 .632 549 483  66
読売   130 .535 518 442  76
広島   130 .512 447 442  5
横浜大洋 130 .468 514 542  -28
ヤクルト 130 .457 496 534  -38
阪神   130 .398 444 525  -81
 

 
 このシーズンもwRAA45.7を記録した落合博満(中日)が1位となった。打撃3部門では無冠であるものの、得点を生むうえでより重要とされる出塁率と長打率で1位を占めている。打率は.293と規定打席に到達して初めて打率3割を切ったものの、wRAAの勝利換算(※2)では5.0。前年が4.8であったため、むしろ前年よりチームの勝利に貢献する打撃を見せていたことになる。
 
 2位には原辰徳(読売)、3位にカルロス・ポンセ(横浜大洋)がランクイン。それぞれ.555、.565を記録した長打率が武器になっているが、出塁率は.382、.357とリーグを代表する強打者としては出塁率が少し低い。このことは2人の現役中一貫しており、それがセイバーメトリクス系のwRAAやwOBAでリーグ首位となることを妨げた。ポンセはこの年、33本塁打、102打点でタイトルを獲得。ただ30本塁打以上を放った打者は5人おり、3本差以内に5人がひしめいたタイトル争いは史上最大級の激戦であった。
 
 リーグ全体としては打撃優位の傾向は収束してきている。リーグ総本塁打は684本と1985年に比べて257本の減少。リーグ総得点は670点減少して2968点となった。ベスト10のメンバーも数年前に猛威をふるった阪神勢が岡田彰布1人になったのに対して、Bクラス常連の横浜大洋から3人と、様相はかなり変わってきている。
 
 また、この年はドーム球場開設元年でもある。屋内で行われる野球は当時非常に新鮮であった。また、今でこそはるかに大きい球場が多くなったが、東京ドームは当時のほかの球場に比べるとはっきりとサイズが大きくなっていた。広くなった球場に対応するため一塁線を破る三塁打がケアされていたほどである。当時はこの環境に外野手が対応できるか心配したが、それから数年も経たないうちに以前と同じような守備を見せることができていた。守備は意外と早く環境に適応するもののようである。1960年代と比べると、この頃は明らかに守備のレベルが変わってきたように感じていた。
 
 ベスト10圏外での注目選手は正田耕三(広島)と池山隆寛(ヤクルト)を挙げる。正田は変わらず打率に特化したスペシャリストとして、.340で首位打者を獲得。池山はこの年ブレイクしたロングヒッターで、30本塁打を記録しており、正田との並びが面白い。
 
 池山が登場したころは、玄人好みと言われるようなスタイルの遊撃手が幅を利かせていた時代だった。そんな中、打撃・守備ともにスケールが大きかった池山のプレーは大きなインパクトをもたらし、人気を博した。このシーズン開始前に発表された安部譲二氏のエッセイで、安部氏がその昔地方競馬の馬主だった頃、ブンブンマルという馬名で馬を走らせていた記述がある。池山の「ブンブン丸」の通り名はそれがヒントになっていたのかもしれない。
 
 またこの年秋に2つのチームが身売りすることとなった。南海と阪急がそれである。1リーグ時代からの古参メンバーが身売りするというのはやはり衝撃的なものであった。南海に至っては、1950年代にさんざん優勝を争ったライバル西鉄が本拠地としていた福岡に移るということで、時代の変化を思い知らされたファンも多かったはずだ。さらに南海の場合はシーズン途中の発表であったため余計に衝撃も大きかった。オーナー会議で承認されるまで半月以上世間を騒がせたものだが、阪急の場合はその後、非常に唐突な発表であった。2チームのパ・リーグ制覇はそれぞれ10回ずつ。2リーグ制になって39年なのでこの両チームがパ・リーグ過半数の優勝を占めたことになる。ちなみに1リーグ時代に南海は2回の優勝がある(近畿グレートリング時代含む)。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集