データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



真弓、掛布、バース、岡田。阪神が超強力打線を形成 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1985年編~

2020/09/07

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1985年のパ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失差
西武   130 .637 655 543  112
ロッテ  130 .516 720 711  9
近鉄   130 .512 678 731  -53
阪急   130 .512 758 698  60
日本ハム 130 .449 636 627  9
南海   130 .367 603 740  -137
 

 
 落合博満(ロッテ)が自身2度目の三冠王を獲得した。1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)はパ・リーグ史上初の 5割超え。wRAA74.8はパ・リーグ史上最高と記録ずくめのシーズンであった。ポジティブな意味を持つほぼすべての打撃指標でリーグ1位を獲得している。特にwOBA5割超えの打撃は、見ている側の実感としてパ・リーグでは過去に見たことのない破壊力だったはずである。1965年前半戦のダリル・スペンサー(当時阪急)や1979年負傷前のチャーリー・マニエル(当時近鉄)が健康なままシーズンを完遂したらどうなっていたのか、といった夢想を実現させたようなシーズンである。
 
 ただしこのシーズンは他球団の強打者も同様に打撃好調であった。特にそれまで出塁面で実績を残した打者の本塁打増加が目立った。通常であればリーグ全体の本塁打数は二塁打に比べ少ないが、この年は本塁打が1050本で二塁打1128本に接近。リーグ全体が打撃優位になりすぎたため、翌年はストライクゾーンに是正が図られることになる。
 
 2位リチャード・デービス(近鉄)から9位蓑田浩二(阪急)まで、長打の多い打者が続く。松永浩美(阪急)や古屋英夫(日本ハム)など例年よりも長打を伸ばした選手もいる中、1人だけ10位金森栄治(西武)のスタッツが目立つ。金森は打率/出塁率/長打率が.312/.411/.453。出塁に特化した金森のような打者は、このような本塁打の出やすいシーズンは不利になりがちだが、大健闘を見せた。リーグ最多の15死球も異彩を放っている。
 
 チーム単位で見ると、最多得点をマークしたのは落合、レロン・リー擁するロッテではなく、好成績の打者を多くそろえた阪急。西武打線はこの年も振るわず、優勝はしたものの得点はリーグ平均を下回っていた。圧倒的な投手力で勝ちを積み重ねている状態である。この状態であれば何をおいても打者の補強に動くのは当然だ。
 
 この年のドラフトは清原和博、桑田真澄のKKコンビが世間を賑わせた。もし西武が清原を獲得してしまえば、パ・リーグ他球団はいよいよ勝つのが難しくなりそうだ。結果的に清原には6球団が競合する。しかし獲得に動かなかったパ・リーグの阪急、ロッテももう少し露骨に西武の清原行き阻止に動いてもよかったのではないかという気もしてしまう。
 
 規定打席未満の打者としては石嶺和彦(阪急)に注目したい。174と少ない打席数ながら14本塁打を放つなど長打力は出色で、翌年以後は指名打者として阪急打線の中心になる。リーグが飛びやすいボールを採用したタイミングと自身の成長のタイミングが重なったことで、ブレイクを果たした選手である。

1985年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
阪神   130 .602 731 593  138
広島   130 .544 615 570  45
読売   130 .504 616 562  54
横浜大洋 130 .483 589 653  -64
中日   130 .479 537 596  -59
ヤクルト 130 .383 550 664  -114
 

 
 1985年はパ・リーグだけでなくセ・リーグでも三冠王が生まれた。三冠王を獲得したのは、阪神のランディ・バース。ただし、セイバーメトリクスの視点で見た場合、バースが本当に恐ろしい打撃を見せるのはむしろ翌年の方である。落合同様にほぼすべての打撃指標でリーグ最高の値をマークした。ただ後述するが、出塁率に関しては棚ぼたの印象が強い。
 
 バックスクリーン3連発など、すでに語られつくした感がある阪神が主役となった年だ。阪神はリーグ新記録となる219本塁打を放つなど、打力を武器に日本シリーズを制覇する。この年はwRAAランキング上位5人のうち4人(バース、岡田彰布、掛布雅之、真弓明信)が阪神の打者であった。
 
 4人の平均長打率は.640。3~5番を務めたバース、掛布、岡田の3人が全員OPS(出塁率+長打率)で1.000超え。4人の合計本塁打は163に達した。ちなみにセ・リーグ誕生から1984年までの間にチーム本塁打が163を超えたチームが存在したのはわずか9シーズンにすぎない。それほどの本塁打数をわずか4人で放ったのである。この結果、この年の阪神は130試合制におけるリーグ最多記録となるシーズン731得点を挙げた。
 
 この年のセ・リーグはパ・リーグ同様に打者優位な環境が進んでおり、パ・リーグの1050本に迫る947本塁打を記録。セ・リーグの方もパ・リーグと同様に翌年ストライクゾーンの運用が変更される。筆者から見て、長い歴史を誇る阪神の日本シリーズ制覇がこの年1回限りというのは少々不思議な事態である。
 
 ちなみに、この年からセ・リーグもパ・リーグに合わせ、最高出塁率を連盟表彰とした。同時に算出式も犠飛を分母に入れる方式にマイナーチェンジしている。この年の最終戦は読売-阪神戦。試合前の時点で、出塁率で2位に9厘の大差をつけてトップだったのは吉村禎章(読売)。2位がバースであった。読売は優勝や順位争いにまったく関係がなかったこの試合に吉村を先発起用。フル出場させ4打席凡退を記録させてしまう。
 
 一方のバースは王貞治のシーズン本塁打記録にあと1本と迫っていた。これをさせまいとしたか、読売投手陣は勝負を避け、バースは1打数1安打4四球で全打席出塁。結果、9厘の大差を1試合で大逆転させるという、タイトル争いという観点から見ると意味不明の采配を行ってしまった。首脳陣もこの連盟表彰を意識くらいはしていただろうに、吉村をフル出場させてしまったことは謎である。
 
 ベスト10圏外での注目選手は宇野勝(中日)。40本塁打を放ったにもかかわらず、wRAAランキングではベスト10圏外となってしまった。打撃優位のシーズンらしい出来事である。ちなみにこれは日本人選手としては史上初のことであった。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集