データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



六大学のスター田淵がデビュー セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1969年編~

2020/07/21

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1969年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
阪急  130 .603 543 463  80
近鉄  130 .589 482 418  64
ロッテ 130 .561 555 475  80
東映  130 .449 488 502  -14
西鉄  130 .405 418 507  -89
南海  130 .397 409 530  -121
 

 
 wRAAで52.2を記録した長池徳二(阪急)が1位となった。41本塁打101打点で二冠王を獲得。長打率は2位に6分6厘の圧倒的な大差をつけた。積極的に打って出るスタイルもあって出塁率は.388で2位にとどまったものの、wRAA及び1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)ではかなり差をつけた1位となった。2位は首位打者を獲得し、出塁率.421でリーグをリードした張本勲(東映)。ここまで9年連続ベスト3入りの記録を継続中だ。
 
 3位にはwRAA34.9を記録した永淵洋三(近鉄)の名前が新たに入った。漫画「あぶさん」の主人公・景浦安武のモデルとなった選手だ。この年は打率.333で張本と首位打者を分けあったほか、本塁打も張本と同数の20、三塁打を8本記録するなど長打力も発揮していた。4位・5位には土井正博(近鉄)、大杉勝男(東映)と常連が入ったが、6位にはまたニューフェイス、新人の有藤通世(ロッテ)がランクイン。さらに8位の基満男(西鉄)と10位の池辺巌(ロッテ)も初のランクインと、若い新顔の進出が印象的なベスト10になった。
 
 ベスト10圏外で取り上げたのは、近鉄のジムタイル(本名ジム・ジェンタイル)。1961年、ベーブ・ルースのシーズン本塁打記録を破ったロジャー・マリスは141打点で二冠王となったが、このときに同数で打点王のタイトルを分け合ったのがこのジムタイル(.302、46本塁打)であった。この年のジムタイルのOPS1.069はマリスを上回りミッキー・マントル、ノーム・キャッシュに続くリーグ3位であった。
 
 ただし日本では膝の負傷のためほぼ走れず、代打での起用が多くなっていた。5月には本塁打を放った直後に肉離れを起こし、ベース一周ができずに代走が起用されたこともあった。さらに出塁のたびに代走が出される状態になったため、通算で8本塁打ながら7得点、本塁打より得点の方が少ないという珍記録を打ち立てる。塁上から走って生還したことが一度もないこともまた意味しており、今後まず再現されない記録であろう。結局100打席程度の出場であるため、多くを期待できなさそうな状況だが、打席では予想外の健闘を見せている。wOBAは.368で、6位有藤と7位アルト・ロペス(ロッテ)の間に相当。走れないと馬鹿にしたところで、打席中ではかなり厄介な相手だったのだ。たった1本、二塁打があるが、バウンドしてのフェンス越えだったのかどうかが気になる。四球16のうち半分は敬遠だった。
 
 この年は近鉄が絶好調で、王者・阪急を追い詰めていた。優勝争いは最後までもつれ、ゲーム差なしで迎えたシーズン最後の4試合は直接対決の阪急vs近鉄。近鉄はこの4試合の頭から3連敗を喫して2ゲーム差でペナントを失うわけだが、最後の数試合は優勝の可能性が消えるまでスクランブルでジムタイルが先発出場していた。最初の出塁の時点で代走を出す、1打席でも多く打ってもらうといったアメフト風の采配になっていたそうだが、普段は代打で出てくるだけでいっぱいの彼がこの状況で先発してくるというのは近鉄ファンにとってファイナル感が半端ではなかったのではないだろうか。策士であった当時近鉄の三原脩監督に何となく似合いそうな選手だ。

1969年のセ・リーグ

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売    130 .589 599 472  127
阪神    130 .535 402 353  49
大洋    130 .500 444 470  -26
中日    130 .476 463 470  -7
アトムズ  130 .457 495 569  -74
広島    130 .444 414 483  -69
 

 
 この年も打者の貢献を求めるセイバーメトリクス指標では、王貞治(読売)がすべて1位となった。この時点における自己最高打率.345をマークして首位打者を獲得。本塁打はやや控えめの44本塁打。このシーズンも打点王のみを長嶋茂雄(読売)に確保され二冠王にとどまっている。その長嶋は33歳のシーズン。加齢により衰えが見えだしたものの、wRAA38.2とまずまずといった結果を残している。大多数の選手がそうであるように長嶋もまた、ここには掲載していない守備指標の衰えの方が打撃よりも早く来ていたようだ。
 
 2位のデーブ・ロバーツ(アトムズ)は日本でのキャリア8年間の中で、この年が最も危険な打者であった。王には出塁面で後れをとったため、wOBAやwRAAでは大差をつけられたが、打率・本塁打・打点の3部門では、それほど劣っていない。シーズン終盤にベースカバーに入った投手と交錯し負傷欠場するまでは、三冠王の可能性も残していた。
 
 また前年あたりから強打者としてマークされだした木俣達彦(中日)が33本塁打を記録。wRAAは27.5で4位に入っている。歴史に埋もれがちな打者だが、特にこの5年ほどは捕手ながらリーグ屈指の強打者であった。1970年代に本塁打と打率で1度ずつ王に次ぐ2位となっている。なお、このシーズンについては過去2年の傾向が続き、やや打撃優位の傾向があり全打者に満遍なく長打が出ている。リーグの本塁打数は1966年には598本であったが、1967年には743本、1968年には811本、1969年には791本と、急な変化を示していた。
 
 注目の選手は何といっても田淵幸一(阪神)である。前年のドラフトにおける最大の注目選手でもちろんドラフト1位。東京六大学で本塁打の新記録をマークしたほか、俊足・強肩で186センチの長身は当時としては群を抜くスケールだった。スペック的にはONを凌駕していたと考える。このシーズンは大卒1年目にして22本塁打をマークした。ただし、大事故となった翌年の死球の影響は大きく、素晴らしいキャリアは送ったものの、その素材を生かし切ったとまでは言えないと考える。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集