データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



阪急黄金時代のはじまり セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1967年編~

2020/07/15

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1967年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
阪急  134 .577 518 435  83
西鉄  140 .508 407 418  -11
東映  134 .500 510 472  38
南海  133 .492 450 438  12
東京  137 .469 463 483  -20
近鉄  132 .454 465 567  -102
 

 
 張本勲(東映)がwRAA53.1で1962年以来の1位となった。3度目の1位は中西太(西鉄)に並ぶ記録だ。特定の項目で莫大な利得を出すのではなく、全項目で優秀な数値を収めているのが特徴的である。野村克也(南海)は前年に引き続き良好な出塁能力を見せ、wRAA51.0を記録。2位に入った。
 
 前年にwRAAでリーグをリードした榎本喜八(東京)は7位に後退した。代わって首位争いに土井正博(近鉄)が割って入ったほか、大杉勝男(東映)、長池徳二(阪急)がベスト10に初登場。次の年代を代表する打者が台頭し、勢力図に変化が起きている。この変化はチーム力にも表れており、この年に阪急が初優勝を果たす。このあと続く阪急全盛期の始まりのシーズンとなった。
 
 なお、新世代の中心打者に重戦車タイプが多かったことから、この後、パ・リーグの外野陣は守備を担当する選手と打撃を担当する選手に役割分担するような状況が見られる。そしてそのことは後年の指名打者制度採用を後押しした可能性がある。レンジファクター(9イニングあたりの刺殺と補殺)で見たときに、選手によって打球に関与する頻度がかなり偏っていることからも、この様子はうかがえる。
 
 阪急によるダリル・スペンサー獲得の大成功があったために、この頃からMLBで実績を残したプレーヤーを獲得する動きが広まった。この年、南海はドン・ブラッシンゲーム(登録名ブレイザー)、大洋はディック・スチュアートに後年のクリート・ボイヤー、翌年に東京はジョージ・アルトマン、近鉄はジム・ジェンタイルなどを獲得している。ネームバリューでいうと、現代に来日している外国人選手を上回っているのではないだろうか。
 
 ベスト10圏外での注目打者は前述したブレイザーを取り上げた。守備力の高い選手が多く集まる二塁手をこなしながら、打撃(wRAA)でも2.2とプラスの数字をキープしている。ブレイザーは南海に内野守備の改善をもたらしただけでなく、プレーに対する造詣の深さから、チームメイトであった野村の野球観にも大きな影響を与えたようだ。のちの球界全体の能力向上に大きく寄与したとされる外国人選手である。

1967年のセ・リーグ

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売    134 .646 595 430  165
中日    134 .554 541 521  20
阪神    136 .538 429 421  8
大洋    135 .454 477 511  -34
サンケイ  135 .446 503 548  -45
広島    138 .362 422 536  -114
 

 
 この年もwRAA1位は85.0を記録した王貞治(読売)。前年から事情にあまり変化はない。この年の注目点としては長嶋茂雄(読売)が大スランプによりベスト10から消えたことくらいだろうか。2位は江藤慎一(中日)でwRAAは32.0。これまで打撃ではオールラウンダーだった選手だが、このシーズンは出塁率.366、長打率.534とかなり長打に寄った打撃を見せた。前の打順を打つ中暁生(中日)が生涯でベストシーズンを過ごし、首位打者を獲得。これにより出塁に恵まれたことで打撃スタイルに影響があった可能性が考えられる。
 
 ほかにはサンケイの外国人選手コンビのルー・ジャクソン、デーブ・ロバーツが3・4位にランクイン。コンビで強力な打撃を見せた。2年目のジャクソンが本領発揮し、1年目のロバーツが能力を見せたといったところだが、このロバーツは生活面までよく日本に適応し、外国人選手として昭和40年代を代表する活躍を見せた。当時の外国人選手には構えがチキンウィング(楽天・ブラッシュが打席に入った際の上半身を思い出していただきたい)の選手が多く、特にこのロバーツやウィリー・カークランド(阪神)はその典型だった。その後、ボールのスピードが上がり投球に追いつかなくなったせいか、あまりに極端なものは姿を消していたが、最近はこの構えがまた増加傾向にあるようだ。
 
 そして外国籍選手といえばパ・リーグ編でも述べた大洋のスチュアートである。来日4年前の1963年にはMLBで42本塁打を放ち最多塁打を記録し、打点王も獲得したほどの打者である。ほかのシーズンには3割30本塁打を記録した年もあった。シーズン開始時点で34歳と年齢はやや重ねているものの、MLBから直行であるためブランクはない。期待の大きさは想像に難くない。しかし初年度は求められるレベルをなんとかクリアしたものの、2年目終了後に解雇。素行面でさまざまなことが言われているようだが、来日する側も受け入れる側も、現代以上に対処が難しかった時代のようである。
 
 ベスト10圏外での注目選手はこの年西鉄から読売に移籍した高倉照幸だ。249打席で15本塁打と長打力健在を見せつけた。ほかには広島の代打の切り札であり続けた宮川孝雄もピックアップした。宮川はキャリアを通して高い代打成功率を記録していたにもかかわらず、なぜかレギュラーとして起用される兆しがないまま現役を終えることになる。それほど守備に問題があったのだろうか。今となっては不明だ。当時は代打といえば宮川の名前を想起したものである。偶然だが日本球界に指名打者が導入される1年前での引退となった。時勢に恵まれなかった選手である。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集