データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



安打製造機・榎本喜八が全盛期に セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1966年編~

2020/07/12

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1966年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
南海  133 .608 477 394  83
西鉄  138 .577 426 354  72
東映  136 .538 480 443  37
東京  134 .469 462 460  2
阪急  134 .438 447 491  -44
近鉄  133 .369 388 538  -150
 

 
 打撃絶好調の榎本喜八(東京)がwRAA60.4を記録。wRAAでは、1960年以来の2度目の首位となった。wRAAから出塁率や長打率に至るまで、得点との関係が深い指標はすべて1位。これはパ・リーグでは8年ぶり、1958年の中西太(西鉄)以来のことであった。2位の野村克也(南海)はwRAA52.1を記録。デビューからしばらくは出塁率が.350前後と、強打者としてはそれほど強みになっていなかったが、この数年前から出塁率.400前後をコンスタントに記録するまでに改善。この時期は野村の現役時代の中でも大きな利得を計上している。
 
 3位はwRAA40.5を記録した張本勲(東映)。直近4年連続でリーグ首位にはなっていないが、いずれも3位以内に入っており、能力の高さをうかがわせる。5位には土井正博(近鉄)が2度目のランクインとなった。この後、パ・リーグは世代交代の時期を迎える。
 
 また、チームの勢力図も新旧交代が迫っている。この年の南海の優勝は、以降1年2シーズン制で行った1973年を除くと最後になる。1950年からこの年まで17年連続2位以上となった常勝・南海だが、以後、年間勝率1位、または勝ち数1位になることはチーム名消滅までなかった。
 
 得点上位5球団の年間総得点はすべて400点台を記録。最多チームと5番目のチームの間の差が54点と、差が生まれにくいシーズンであった。各チームの得点力が拮抗してきているようだ。なお、前年から比べるとリーグ全体の四球が大きく減少。2年前から比べると2320から1786へと3/4ほどになっていることは興味深い。各チーム前年の140試合から135試合前後へと試合数は減少しているものの、四球の減少はそれをはるかに上回る。
 
 ベスト10圏外の選手としては、大杉勝男(東映)と長池徳二(阪急)を取り上げたい。こちらもこのあとに起こる世代交代に大きく関係する2選手だ。このあとレギュラーを獲得し強打者として活躍する2人だが、この年はそれぞれ203打席と206打席の出場にとどまり、wRAAもやや平均を上回るレベルと、そう大きくはない。しかしそれぞれが.441、.439と水準を上回る長打率を記録しており、後年の強打の片りんを見せている。

1966年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点  得失点差
読売   134 .685 559 335  224
中日   132 .585 521 400  121
阪神   135 .492 386 399  -13
広島   136 .438 420 512  -92
大洋   130 .400 428 557  -129
サンケイ 135 .400 364 475  -111
 

 
 首位は王貞治(読売)でwRAA85.8。wRAAを勝利の単位に換算した値(※2)では9.9のスコアを記録した。試合数が前年より減ったためにわずかにスコアは落ちたものの、1試合あたりの内容としてはこの年のほうが良好だった。
 
 出塁率は.499と5割に迫り、平均的選手に対するwOBAの倍率(※4)は1.67倍と、1951年に大下弘が残した1.66倍を上回った。こうした率系の指標は試合数が多くなるほど傑出度は均されていく。開幕当初は4割打者が多くいるが、シーズン終盤には高くても打率3割中盤になっていくのと同じだ。大下が89試合出場でマークした傑出度の記録を、王は129試合出場で超えたのだ。王の記録のほうがより価値が高いと考える。
 
 2位の長嶋茂雄(読売)も首位打者を獲得し、wRAA56.2を記録。これは通常のシーズンであればランク1位になるほどの成績である。このONがランキングを席巻する状況に対しては中日が対抗する勢力になってきており、江藤慎一が3位に、ほかに中暁生と高木守道がベスト10にランクインした。前年と同様に3人がwRAAランキングベスト10に入った結果、チーム総得点は読売の559に対して521と、リーグ内において唯一攻撃面で対抗できるチームとなっている。ほかには山内一弘(阪神)、山本一義(広島)が3年連続のランクインとなったほか、松原誠(大洋)が初登場している。
 
 ベスト10圏外の注目選手は柴田勲(読売)。打率.251で7本塁打など、旧来の指標ではさして優秀とは見えないが、多くの四球を奪うしぶといスタイルで出塁率.360を記録している。この年は王に次ぎリーグで2番目に多い65四球を獲得したほか、46盗塁13盗塁死で初の盗塁王を獲得。ONの前を打つチャンスメーカーだけに、柴田に対する四球は他球団にとって大変に痛いものであったことは想像に難くない。相手球団がなんとか四球に出さないよう細心の注意を払う中、選び続ける忍耐力は相当なものである。
 
 パ・リーグの項で、リーグ全体の四球が減少していることを紹介したが、セ・リーグでは四球だけでなく、盗塁も減少している。セ・リーグでは四球が2106から1920へ、盗塁が548から431にまで減った。もしかするとストライクゾーンとボークの運用に微妙な変化があり、このような変化が起こったのかもしれない。同様の事例は1962年のセ・リーグにもあり、両リーグで独自に最も適切なゲーム運用を探っていることの反映と見る。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集