データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



野村克也が戦後初の三冠王に セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1965年編~

2020/07/09

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1965年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
南海  140 .642 614 449  165
東映  140 .555 501 474  27
西鉄  140 .529 506 476  30
阪急  140 .486 500 549  -49
東京  140 .456 476 472  4
近鉄  140 .333 397 574  -177
 

 
 1965年は野村克也(南海)が戦後初の三冠王を獲得し、wRAAでも59.7で1位となったシーズンである。この年のダリル・スペンサー(阪急)とのし烈な首位打者と本塁打王を巡る争いはすでに有名な逸話として定着している。特に東京投手陣がタイトル争い中のスペンサーに8打席連続四球を与えた件は、書籍『菊とバット』により、日本社会が外国人に対してアンフェアであることの表れのように記述され、これが米国内にも拡散されている。しかし私としてはこのことについては、心外に感じている。数的な根拠をもったものと思えないためだ。以下にスペンサーの打席数・四球数に関する表を挙げる。
 
      打席  四球  敬遠  四球/打席
MLB通算  4206  449  25   10.7%
阪急(64) 605  85   5   14.0%
阪急(65) 485  79   9   16.3%
阪急(66) 477  71  12   14.9%
 
 スペンサーはMLBでも四球が少ない方ではなかった。打席あたりの四球割合はMLB通算で10.7%。阪急でのはじめの3年間は15%前後となっているが、これは来日後にリーグ1・2を争う強打者となり警戒されたためだ。MLB時代に比べて四球が増えるのは自然な成り行きである。
 
 また来日後3年間の四球の推移についてもさして違和感はない。特にこの1965年と翌年の打席・四球を見ていただきたい。1965年が485打席で79四球、1966年が477打席で71四球だが、1965年の成績から8打席連続の四球を除くと、この2年間は打席477、四球71で両方の数字は1個の誤差もなく完全に一致する。たしかにタイトル争いがシビアになるシーズン終了間際でもない夏場に、ほぼ意識的な連続8四球が行われたのは奇妙な事態である。しかしほかの年とまったく同じ477打席と、突発事故的な8打席があったとき、その8打席のほうばかりにクローズアップされるのはいかがなものだろうか。常識的には大多数を占める477打席の方をもって通常の状態と判断すべきなのではないか。
 
 スペンサーは直情的な性分があったようで、「自分にエラーをつけた記録員のところまで行って記録用紙をびりびりに引き裂いた」「乱闘の際に後ろから襲われ、『日本人の得意は不意討ちだから驚かない』とコメントした」など危険な言動が目立ったと伝えられる。このためすでに首位打者を取っていたブルーム(南海)などとは違い他球団からあまり良い感情を持たれてはいなかったことも確かなようだ。8連続四球は前後試合の成績から見ても唐突過ぎる。以下は推測だが、前段で売り言葉に買い言葉的な何かのやりとりがあり、その日の東京投手陣がスペンサーの打席をボイコットするような特殊な事情があったのではないか。
 
 たしかに結果としての四球数にそういった事情がすべて反映されているわけではない。ストライクが来ないことに業を煮やしてボール球を打ったような場合があれば、勝負を避けられているにもかかわらず四球は増えないだろう。だが同様の事例は一例が伝わっているのみである。そしてそれを延々繰り返していたのではこれほどの素晴らしい成績を収めることはできない。
 
 変わった事例や一時のコメントを切り貼りすれば、かなり奇妙な社会であることを描写することはたやすい。その方が読者の興味を引きやすいことも想像はつく。しかし逸話のニュアンスが実際に残ったスタッツと合致しているようには私には思えない。
 
 話は長くなったが、この年はwRAAでは野村が1位、1打席当たりの実績であるwOBA(※3)、長打率、出塁率はスペンサーが1位となった。出塁率と長打率の両方で1位を独占するのは大下弘(当時西鉄)、山内和弘(当時毎日)、中西太(当時西鉄)に次ぎパ・リーグでは4人目のことである。
 
 ほかには広瀬叔功(南海)が前年につづき好成績を残していること、守備職人としてその名も高い小池兼司(南海)が打撃でベスト10に入っていることが目立つ。小池はキャリアで唯一のベスト10入りだった。ベスト10圏外としてピックアップしたのはスタン・パリス(東京)。惜しくも規定打席には届かなかったが、高い長打率を武器に、規定打席到達であれば5位に相当するwOBA.361をマークしている。

1965年のセ・リーグ

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売    140 .659 536 404  132
中日    140 .566 510 431  79
阪神    140 .518 393 394  -1
大洋    140 .493 518 470  48
広島    140 .434 394 451  -57
サンケイ  140 .326 332 533  -201
 

 
 王貞治(読売)の全盛期がはじまったとあって、これまでには見たこともないような数字が並び始める。wRAAの86.2、wRAAの勝利換算(※2)10.2はいずれも歴代新記録。ほかの年代ではリーグトップの選手でもこの年の王の半分に届かないシーズンも見られる。それほど図抜けた恐ろしい数字である。非日常のスタッツがこれからほぼ10年間続く。ライバルチームにとって恐怖の時代は始まったばかりである。
 
 2位の江藤慎一(中日)も絶好調の1年であった。勝利換算で7.3の利得は通常の年代であれば余裕のリーグトップでおかしくない数字。本人としてもキャリア中最大の数字であった。中日球団としても2006年の福留孝介がwRAAでは更新したが、勝利換算では球団最高としていまだに残っている。
 
 3位長嶋茂雄(読売)以下も常連に近い選手が並んでいる。近藤和彦(大洋)や山本一義(広島)といった選手は、打率や本塁打といった旧来の指標では評価しにくい対象の代表例だろう。広島の興津立雄は3回目のランクインとなる。当時の広島は出塁にも長打にも偏らない選手が交代で中心打者を務めており、特に突き抜けた打撃成績とは見えないことから存在の地味な選手が多かったようだ。
 
 注目の選手は吉田義男(阪神)。古い時代の記録から一定の精度で守備力を推測できる唯一の指標といえるRRF(※6)において、歴代最高のスコアを挙げた遊撃手である。この年の攻撃力は例年同様に水準程度であったが、珍しい記録を残している。この年の吉田の打点は12。これは2リーグ制以降の規定打席到達者中、最少の記録である。4本塁打で12打点であるため、1年間で自分以外の走者を8人しか生還させていないことになる。偶然の作用が相当に大きい珍記録ではあるが、おそらくは投手が打席に入るリーグの1番打者にしか更新のチャンスはない。1982年に松本匡史(読売)が同数を記録し、2012年に大島洋平(中日)があと一歩まで迫ったが未だ更新されていない。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
(※6)Relative Range Factor:9イニングあたりにどれだけのアウトに関与したかを表すRange Factorをより進化させた指標。多くのアウトをとることで野手を評価するRange Factorの考え方をベースにおきながら、その欠点を補う補正(投手陣の奪三振の多さに対する補正、ゴロ/フライ傾向への補正など)を行っている。これにより古い時代の記録からでも、選手の守備力をある程度把握することが可能になった。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集