データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



今シーズンの活躍が期待される選手は?――2020年12球団ブレイク候補選手【阪神・野手編】

2020/06/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



島田海吏

 2人目は、大卒3年目の外野手・島田海吏。
 
 島田は、上武大から2017年ドラフト4位で入団。九州学院高時代には、2年春にレギュラーとして甲子園出場を果たした。上武大では、2年時からレギュラーを獲得。リーグ戦通算打率は3割を大きく上回り、4年時に選出された大学日本代表では、優勝に貢献する活躍を見せた。
 
 赤星憲広氏(元阪神)の背番号「53」を引き継ぐなど大きな期待をかけられた島田は、ルーキーイヤーから開幕一軍に抜擢された。しかし、同年は12試合の出場に留まり、昨シーズンは7試合の出場となった。
 
 今シーズンは開幕一軍入りを逃すも、二軍で出場を続けている島田。矢野監督が2軍監督時代に優勝した最も大きな武器は機動力だった。1軍枠が拡大した今、元巨人の鈴木尚広やソフトバンクの周東佑京のような起用法も注目を集め、足の力は今後さらに重要となってくるだろう。阪神には、植田海や熊谷敬宥ら俊足が揃うが、島田も自身の持ち味を生かし、まずは代走・守備固めでの一軍定着を目指す。

1 2 3 4





  • 記者募集