データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



豊田・中西による伝説の首位打者争い セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1956年編~

2020/06/15

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1956年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
西鉄  154 .646 611 372  239
南海  154 .643 612 457  155
阪急  154 .578 581 459  122
毎日  154 .558 530 477  53
近鉄  154 .455 495 583  -88
東映  154 .390 411 558  -147
大映  154 .380 433 559  -126
高橋  154 .351 403 611  -208
 

 
 上位の選手について、旧来的な打撃3部門の数字などによって定着したイメージと、セイバーメトリクスの指標により求められた実際の貢献(wRAA)が相反するシーズンになっている。このあたりの年代では最も乖離が大きいシーズンではないだろうか。
 
 この年は、本塁打・打点王を確定的なものとしていた中西太(西鉄)と、チームメートの豊田泰光が最終戦を前に打率部門で毛差の競りあいとなっていた。最終戦の成績で首位打者が決まる状況だ。しかししこりが残ることを警戒した西鉄首脳陣は両者を欠場とし、わずかにリードしていた豊田の首位打者が確定。中西の三冠王は夢と消えた。この話はタイトル争いの逸話としては最も有名なものかもしれない。
 
 本塁打・打点でリーグを圧倒し、打率も毛差の2位となれば中西の打撃は他の追随を許さぬレベルに思えるだろう。しかし、総合打撃指標であるwRAAを導入するとまったく景色は異なる。当時話題を独占した2人とその最終日の伝説に関係なく、wRAAトップは山内和弘(毎日)がマークしていたのだ。
 
 四球を大量獲得していたことも山内がトップとなった理由の一つだが、より注目したいのが二塁打の数だ。この年に山内が記録した二塁打47本は、1998年にフィル・クラーク(近鉄)が48本を記録するまで40年以上NPB最高記録として残ることになる。打率など旧来のスタッツでは二塁打・三塁打は単打と同じ扱いになってしまうが、総合指標wRAAでは、それぞれに適切な重み付けが行われるため選手評価に大きな影響を与える代表的な例といえる。
 
 2位は豊田、3位は中西という並びになったが、これは中西の欠場がややかさんだ点が響いている。1打席あたりの打撃貢献を示すwOBA(※3)で見ると、豊田と中西の並びは逆になる。
 
 このシーズンは豊田・中西を擁する西鉄(611得点)よりも南海(612得点)のほうが多くの得点を奪うことに成功している。豊田、中西のような代表的な強打者がいなかったためにしぶとい、あるいは効率よく得点を奪うといった評があったようだ。しかしスタッツを見る限り全体的に一定水準以上の打者を多く揃えていただけのようである。西鉄・南海はともに96勝、引き分けの関係で敗北が1つ少なかった西鉄の優勝となったが、これで90勝を挙げながら優勝できないチームが3年続けて発生している。やはりこの時代におけるチームごとの戦力差は大きい。
 
 7位の佐々木信也(髙橋)という名前は、特に私のような年代のものには目を引かれる。現役引退後は人気番組「プロ野球ニュース」を自力で企画。番組内でキャスターを長く務めた。そのことを知らないファンもすでに多いかもしれない。ほかに河野旭輝(阪急)が当時新記録のシーズン85盗塁を記録するなど、話題の多いシーズンである。
 
 ベスト10圏外の選手では武智修(近鉄)を取り上げた。0本塁打で56打点という記録は長いNPBの歴史の中で見ても異色の成績だ。私は以前打点が記録される仕組みについて分析し、一般的な打撃成績であればどの程度の打点を残すことが妥当かの数式をつくった。その式にあてはめたとき NPB史上で最も高い倍率を残したのがこの武智だ。打点を勝負強さの指標とするならば、まずこの武智を歴代最強の勝負強さを持つ一人と認めなくてはならない。なおセイバーメトリクスにおいて、勝負強さという概念が否定された研究結果はいくらでもあるが逆はほぼない。

1956年のセ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売  130 .646 568 351  217
大阪  130 .612 386 283  103
中日  130 .569 369 319  50
国鉄  130 .485 346 405  -59
広島  130 .358 344 491  -147
大洋  130 .331 319 483  -164
 

 
 世代交代が進行したシーズンとなった。与那嶺要(読売)がwRAA2度目のリーグ首位となっている。それも前年同様に2位以下をかなり離してのものとなった。あまりにも飛ばないボールを使用していたため、20本塁打以上を記録したのが青田昇(大洋)の25本のみ。このように長打力を発揮しづらい状況では出塁系打者の独壇場となるのは自然なことかもしれない。初登場でwRAA26.6を記録し4位に入った吉田義男(大阪)をはじめ、スピード・出塁系打者のベスト10への進出が目立つ。プレーの環境が選手の生き残りにも多大な影響を与える好例である。
 
 6チーム中5チームが年間総得点300点台。ディフェンスのよかった大阪にいたっては年間総失点がわずか283点、得点とあわせて669点など、現代の常識からは考えられない低い得点が並ぶ。なかなか動かない試合は多かったのではないかと想像するが、同時代のファンからは普通に受け入れられていたようである。
 
 2位にはwRAA40.5で田宮謙次郎(大阪)がランクイン。川上哲治(読売)、藤村富美男(大阪)らの年代と長嶋茂雄(読売)の年代の合間の微妙に地味な年代に出てきた選手だ。後年毎日に移籍するが、結局毎日は早々とプロ野球界から撤退してしまう。もし人気球団であるタイガースにとどまっていれば、引退後の露出ももう少し多かったのではないかと思える選手だ。3位には川上がランクイン。7位の青田昇とともにベテランとなってなお存在感を示しているが、これが最後のベスト10入りとなる。川上は2リーグ制になってからのwRAA首位が一度もない。キャリアを振り返ってみると、全盛期は1リーグ時代にあったと考えている。
 
 変わった選手として注目したいのが規定打席に届かなかったため圏外とした岡嶋博治(中日)である。打率.247、本塁打6、打点23と打撃3部門のスタッツではとても強打者には見えないが、四球や二塁打・三塁打など、これ以外の部分での得点貢献が大きく、この年も358打席ながらwRAAは16.2と平均を大きく上回る成績を残している。
 
 強打者に見えづらい理由は岡嶋のタイプだけでなく、前述したように投高打低時代ゆえにスタッツが伸びづらかったことも理由としてある。しかし四球を獲得した忍耐力、意外な長打力によってこの後、リーグトップ5に2度食い込んでくる。四球に至っては翌年から3年連続リーグ最多を記録した。時代や環境の違い、採用する指標の違いにより大きく見え方が異なることを体現する選手である。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集