データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



新人・広岡達朗が登場 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1954年編~

2020/06/09

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1954年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
西鉄  140 .657 590 379  211
南海  140 .650 529 417  112
毎日  140 .581 550 467  83
近鉄  140 .540 530 473  57
阪急  140 .485 572 547  25
高橋  140 .387 440 594  -154
東映  140 .377 472 619  -147
大映  140 .319 402 589  -187
 

 
 この年はベスト10に毎日の山内和弘(のちに山内一弘に改名)が登場する初めての年となった。前年の中西太(西鉄)同様に、wRAAランキングベスト10に初めて入った年にいきなりの1位となっている。山内は四球や二塁打・三塁打の多さが特徴的な打者だ。そのため打撃3部門だけを見るとそれほどの打者に見えず、過小評価を受ける原因となっている。ともあれ、このあとパ・リーグはしばらく中西と山内が交互にwRAAリーグ1位を取り合う展開が続くことになる。
 
 それ以外では2位に入った大下弘(西鉄)がwRAA47.5を記録し、やや低迷した過去2年から復調。ラリー・レインズ(阪急)が打率.337で首位打者を獲得したほか、珍しい外国人捕手であるチャーリー・ルイス(毎日)が6位に入るなど、バラエティに富んだ顔ぶれが並んだ。wRAAトップ3の山内が22歳、中西が21歳とセ・リーグに比べ新旧交代が早く訪れたようだ。
 
 西鉄はこの年悲願の初優勝を達成。2年後の1956-58年にかけて3連覇を達成するが、得点力で見た場合、この年と翌1955年がピークとなっている。
 
 なお、このシーズンからパ・リーグに高橋ユニオンズが加わり8チーム制のリーグに変わっている。それに伴い当然低いレベルの選手の出場機会も増加することになる。単純計算で、6チーム制の時代であればレギュラーになれなかったはずの選手が、レギュラー全体の25%を占めることになる。
 
 セイバーメトリクスにおいては、ある選手Aの価値を測る際、その選手が欠場した場合代わりに出場するであろう選手Bとの比較で評価を行う。この選手Bは控えレベルの選手とイメージしてもらえればよい。Bの選手が残すと想定される成績のことをセイバーメトリクスでは「リプレイスメント・レベル」と呼ぶ。
 
 MLBにおけるセイバーメトリクスの研究によると、リプレイスメント・レベルの選手はリーグ平均の88%の攻撃力=wOBA(※3)をもっているとされている。ただこの年のように低いレベルの選手が増加すると、もともとレギュラークラスだった選手とそれ以外の選手の差は例年以上に広がってしまう。チームが増加したこの数年で「リーグ全体で各ポジション6番目までに出場の多い選手」と「それ以外の選手」で攻撃力の差を測ったところ、85%を切るのはもちろん、80%そこそこになるシーズンもあった。
 
 このため平均のレベルも低下。平均との差を表すwRAAなどはリーグ6チーム制の時代と比較して、トップの選手で7点ほどゲタを履かせた状態になっている。単純にほかの年とwRAAを比較するのが適切なシーズンではない。またチーム数が多いため、規定打席到達者も47人と、記録的な数字であった。
 
 ベスト10圏外のトピックとして取り上げたのは高橋ユニオンズのサル・レッカ捕手。ぴったり.200という低打率ながら23本塁打を放ち、その長打力もあってwRAAでは28位となる1.9を記録した。この年リーグで5人しかいない20本塁打到達組の1人でもある。そしてユニオンズの歴史上2ケタ本塁打に到達したのはこのレッカただ1人となった。

1954年のセ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
中日  130 .683 510 376  134
読売  130 .636 613 385  228
大阪  130 .555 569 425  144
広島  130 .448 419 581  -162
国鉄  130 .430 434 518  -84
洋松  130 .250 365 625  -260
 

 
 来日当初から能力の高さを見せていた与那嶺要(読売)がwRAA55.6を記録。4年目にして初のリーグ1位となった。それも2番手をかなり引き離しての首位である。この55.6は1950年以後ではセ・リーグ最高の記録。勝利換算(※2)は6.1と、与那嶺の打撃だけでチームのゲーム差を6つ改善(勝を6増加、敗を6減少)したと考えることができる。
 
 この年、パ・リーグの西鉄とともに中日も初優勝を遂げたが、中心となったのが2位の西沢道夫である。西沢はこのとき33歳でwRAA38.2を記録。wRAA30.7で6位となった打点王の杉山悟とともに、自身のキャリアがピークを過ぎる前になんとか優勝に間に合ったかたちだ。ほかにも本塁打王の青田昇(洋松)をはじめ、この時期は前世代の有力選手がまだ力を残している時期である。
 
 4位にランクインした広岡達朗(読売)はwRAA32.1を記録。新人ながらこの年がキャリアで最も良好な打撃成績を残したシーズンとなった。広岡は後年の監督時代、打撃のみに特化した長打型の選手に手厳しい様子があった。しかし自身のキャリアを見ると長打力によってほかの選手に大きな差をつくっていたようだ。自身の主義主張とは逆になっている点が面白い。
 
 10位の箱田弘志(国鉄)はこの時代に散見された極端に四球の取れないタイプの打者だ。この年も483打席で12四球と歴史的な四球の少なさ。早打ちによりカウント自体が深くなることが少ないので、三振も33と少ない。プレーの現場では四球が取れていないことが意識にのぼりにくく、得点生産能力の実態と印象にギャップがあることが多い。
 
 ベスト10圏外では、11位に入ったニューフェイスの田宮謙次郎(大阪)を取り上げた。もともとは投手に軸足を置いた二刀流選手だったが、1952年に野手に専念。1956年には与那嶺とリーグ首位を争う存在になる。転向が奏功したようである。このころは球界全体のレベル向上に伴い、投手・野手どちらかに絞らないと立ち行かなくなっていた。そうした時代状況を反映したキャリアを送った選手の一人である。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集