データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1953年編~

2020/06/06

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1953年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
南海  120 .597 541 433  108
阪急  120 .563 488 403  85
大映  120 .543 405 392  13
西鉄  120 .483 487 477  10
毎日  120 .475 455 459  -4
東急  120 .427 360 480  -120
近鉄  120 .410 369 461  -92
 

 
 高卒2年目の中西太(西鉄)がリーグを席巻した年である。この年はすでにラビットボール時代が終わり、飛びにくい低反発球が使用されていた。そんな時代にあって中西が記録した36本塁打はかなり突出した長打力である。また同じ西鉄の新人・豊田泰光も27本塁打をマーク。これは高卒新人の記録としては清原和博(西武)が31本塁打を放つ1986年まで破られなかった。この年のパ・リーグで20本塁打以上を記録したのは中西と豊田の2人だけである。
 
 また、22歳の岡本伊三美(南海)が打率.318を記録して首位打者を獲得。MVPも受賞するなど、中西、豊田の台頭とあわせて世代交代を意識させられるシーズンになっている。ベスト10は西鉄と南海がそれぞれ4人ずつを占めており、リーグ下位の球団との戦力差が依然として大きいこともランキングから読み取れる。
 
 また、西鉄は中西、豊田、大下弘とスターを揃えながら、チーム総得点は488で2位。トップの南海の方が54点も多い。本塁打は西鉄114本、南海61本と、旧来のスタッツでは大きな差がついているように見えるが、それが得点の多さに直結していないことを示す好例と言えるだろう。1956-58年の西鉄3連覇の際にもこの状況は再現されており、打線のネームバリューだけを見れば最強に思える西鉄がペナントレースで苦しむことが多かった一つの要因となっている。
 
 ベスト10圏外のトピックとしては、レオ・カイリー、チャーリー・フッドの両外国人選手を取り上げたい。プロ経験者だが当時米軍基地で働いていた彼らを、毎日がアルバイト選手として雇用したのだ。詳しく見ると毎日は早くから目をつけていたようで、7月27日の朝鮮戦争休戦を待っていたかのように契約。次の次の土曜日である8月8日には早くも出場という手際の良さであった。
 
 平日ナイトゲームと休日のみ出場という文字通りアルバイトだったが、特にカイリーは投げては5勝0敗、打っては19打数10安打と投打にわたる大活躍。前後の事情からさして大きな資金も必要なかったと思われるが、雇用形態の問題もあってこの年限りでアルバイト選手は消滅した。野球の世界の中の都合が、外の世界の法令や決まりより優先されるという事態はあってはならないことだ。ワーキングビザなど持っているはずがないのに公衆の面前でプロ野球とは、それにしてもワイルドな時代である。

1953年のセ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
読売  125 .702 667 392  275
大阪  130 .569 607 471  136
名古屋 130 .551 524 508  16
広島  130 .414 507 634  -127
洋松  130 .403 467 622  -155
国鉄  125 .363 380 525  -145
 

 
 セ・リーグは金田正泰(大阪)がwRAA43.1を記録。これまでランキング上位に何度もランクインしてきたが、トップになったのは33歳にして初めてのことだった。この時代はラビットボール時代の反動から飛ばないボールが採用されだしており、長打を強みとする打者がやや鳴りを潜めた時代であった。長打よりも出塁に強みをもつ金田にとってはこの状況も幸いとなったのかもしれない。
 
 5位までは以前からの常連組といっていいメンバーに占拠されている。27本塁打を放ち4年ぶりに本塁打王となった藤村富美男(大阪)がwRAA36.8で2位。若手の台頭が目立ったパ・リーグとは異なり、ベテラン勢に好調の選手が多かったようである。
 
 前年まで読売がハワイの選手を獲得し大きな戦力としてきたことを紹介したが、この年は他球団でもハワイ勢の活躍があった。大阪は読売に対抗すべくニューフェイスとして内野手の与儀眞介を獲得。25歳と若い選手であったが、7位のwRAA23.6を記録して大阪の得点増に貢献した。ただし、この時代にはよくある話だが、与儀はこの翌年に成績を急低下させて日本球界から去ることとなる。
 
 読売のハワイ勢では、3年目となった与那嶺要がベスト10は維持したもののやや成績を下げた。それにかわって、28歳で来日した柏枝文治が猛打を披露する。イラスト内圏外に示したのが柏枝だ。規定打席に届いていないが、長打率.555やwOBA.411はリーグトップ金田の数字を上回っている。
 
 翌年以降が楽しみになる柏枝の打棒であるが、この後はタイトルに絡むなど特別な活躍を見せることなくキャリアを終えることになる。2年後にもこの年と同様の豪打を見せるが、出場機会は85試合250打席と、フル出場の半分程度の出番に留まった。柏枝は三塁・二塁を守る選手であったが、チーム内でポジションがかぶり、それが調整しにくいものだったのかもしれない。ただ数字だけを見ると、この出場機会の少なさにもったいなさを感じる。
 
 なお、水原茂監督は相手先発投手の左右によって、打者の左右を使い分けるプラトーン・システムを採用した先駆けとの証言がある。しかし、少なくともこの柏枝に関してはそのような使われ方が顕著だったような痕跡はないようだ。
 
 ランキング全体を見渡すと、西鉄と南海の打者が10人中8人を占めたパ・リーグと異なり各球団に有力打者が散らばったシーズンであった。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集