データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1950年編~

2020/05/28

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1950年のパ・リーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
毎日  120 .704 713 512  201
南海  120 .574 645 495  150
大映  120 .534 534 516  18
阪急  120 .458 522 541  -19
西鉄  120 .432 493 583  -90
東急  120 .425 524 660  -136
近鉄  120 .379 467 591  -124

 


 
 この年は前年に引き続き、NPBが良く飛ぶボールを使用したために長打の飛び交う超打撃優位のシーズンであった。その傾向はセ・リーグでより顕著であったが、パ・リーグにも影響が表れている。
 
 この打撃優位に加え、この年から日本プロ野球は1リーグ8チーム制から2リーグ合計15チーム制へと、ほぼ倍増に当たる大エクスパンションを行った。この結果、1リーグ時代であれば出場できるレベルになかった選手が大量に参入。ほかのシーズンとの色彩の相違は大きくなっている。
 
 1位はwRAA57.6を記録した別当薫(毎日)。wRAAだけでなく、1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)でも1位となっている。別当のほか、8位に入った土井垣武もエクスパンションに伴い、阪神から毎日へ移籍した選手だ。土井垣は強打の捕手として知られている。
 
 また、飯田徳治(南海)、飯島滋弥(大映)、大下弘(東急)といった1リーグ時代から活躍していた選手も順当に上位に顔を出している。ほかにもこの年に打棒が復活した呉昌征(毎日)や若きスピードスターの蔭山和夫(南海)など、顔ぶれも多彩である。
 
 トップ10以外で注目の選手としては南海の木塚忠助を取り上げたい。打撃については平均をやや超えるレベルと特筆するものはなかったが、当時の新記録である78盗塁を記録した上で失敗はわずかに8。後年の福本豊でも50盗塁以上を記録して失敗が1ケタだったシーズンはないので、その凄さが際立つ。この年の木塚は打撃で記録した5.3という得点生産よりも盗塁による得点生産の方が大きかったようだ。
 
 そしてこのシーズンには記録オタクにはおなじみの投手・塩瀬盛道(東急)の打席があった年でもある。1打席に立ったのみで1本塁打。そして2度と打席に入らずにこの年のオフにプロ野球から引退というパーフェクトレコードとなった。しかしこの時塩瀬はまだ19歳。現代の状況であればこのままプロを退くなど考えられない若さである。ところがこの時代の20歳程度の若者は、ほかに良い進路があれば簡単に舵を切ることがそれほど珍しいことではなかった。やはり現代とは異なる事情が垣間見える。GHQ肝いりの娯楽で、戦前に比べると社会的地位も格段に向上していたとはいえ、プロ野球が生涯の仕事になるとは確信しきれなかったのだろう。
 
 塩瀬は投手として救援直後のイニングでたまたま打順が回ってきてパーフェクトレコードを達成した。ちなみに塩瀬が救援したのは後に池田高校監督として一世を風靡する蔦文也(東急)である。

1950年のセントラルリーグ

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点差
松竹  137 .737 908 524  384
中日  137 .669 745 597  148
読売  140 .603 724 522  202
大阪  140 .511 766 696  70
大洋  140 .504 759 761  -2
西日  136 .376 633 759  -126
国鉄  138 .309 480 790  -310
広島  138 .299 511 877  -366

 

 

 ラビットボール採用もあり、この年のセ・リーグはNPB史上で最も打高傾向が強かったシーズンとされている。松竹のチーム得点数908は現在もなおNPB記録として残る。wRAA80.9でトップの小鶴誠(松竹)の打点数は161。これも現代まで最多記録として残っている。私の少年時代は159打点と紹介されていたはずだが、おそらくは再調査の結果、訂正されたものと思われる。なお、同様の話は川上哲治(読売)にもあり、ジャイアンツ創立40周年事業で記録の再集計が行われたところ集計ミスが見つかり、それまで4回とされてきた川上の打点王が1回減るという事件が起きたことがある。
 
 トップの小鶴だけではなく、2位の藤村富美男(大阪)も打率/出塁率/長打率が.362/.465/.674と普段の年では考えられない好成績である。5位の岩本義行(松竹)はこの年、史上初のトリプルスリー達成している。初の達成が38歳の選手だったと聞けば驚かれるだろうか。
 
 ベスト10には見慣れた強打者が並ぶが、変わったところでは8位の永利勇吉(西日本)と10位の白石勝巳(広島)が挙げられる。白石は戦前から一貫して四球を多く獲得し、一般的な成績で見た以上にセイバーメトリクスの観点で高い得点生産能力を示した選手だ。この年も打率.304に対し、出塁率は.396を記録している。
 
 8位の永利については西日本と西鉄の合併により翌年パ・リーグへ移籍。51年のパ・リーグにおいてはこの年を上回る大活躍を見せた。チーム合併でリーグが変わるのは西日本に在籍した選手が唯一の例である。
 
 最後にベスト10以外の選手として15位の大岡虎雄(松竹)を挙げる。大岡は八幡製鉄で強打者として鳴らした後、1949年になんと37歳で大映入り。現代とは事情が異なる当時でもちょっと考えられない身の振り方である。社会人として確固たる地位を築いた末のこの選択は特に戦前なら考えられないところだろう。パ・リーグの項で紹介した塩瀬とは真逆の選択にも見える。
 
 この頃すでにプロ野球は以前とは比較にならない高い人気を博していた。確かに当時のNPBは20歳の塩瀬のような立場の者にとって、もっと魅力的な道があり得る程度の存在ではあった。しかし、戦前にはプロ入りの選択をしなかった37歳の者が実業として身を投じる決意をするほどにはプロ野球の社会的地位は上がっていたようだ。
 
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。

 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集