データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ウラディミール・バレンティン、シーズン60本塁打の軌跡。長打率.779も歴代1位――NPB歴代1位記録の詳細を振り返る【プロ野球史を振り返る】

2020/05/22

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 新型コロナウイルス感染症の影響で、6月半ば以降の開幕を目指すプロ野球。試合数減となれば「数」の記録の更新が難しくなる一方で、「率」の記録においては、新記録が生まれる可能性もある。
 

 

 2000年以降、更新が難しいと考えられてきた記録が次々と塗り替えられてきた。イチローの210安打はマット・マートンが塗り替え、王貞治らの55本塁打はウラディミール・バレンティンが抜き去り60本の大台に乗せた。現役選手の中にも、「NPB記録」を保持する選手が数多く存在する。
 
 今回から、歴代1位の記録を持つ選手にフォーカスを当て、記録の詳細を振り返る。第2回はシーズン60本塁打の記録を持つウラディミール・バレンティン(現福岡ソフトバンクホークス)だ。

1 2 3 4



  • 記者募集