データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



オリックス新外国人、アダム・ジョーンズは“やられる前にやる”男 データで分かったイイトコとは

2019/12/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



オリオールズで才能開花!“バリバリのメジャーリーガー”のまま来日

 近年は著名なメジャーリーガーが日本球界にやってくるケースは多くなり、今オフも多くの助っ人選手が契約を結んだ。そして、ここまでで最大の目玉選手と言っていいのがオリックス・バファローズのアダム・ジョーンズ外野手だ。
 
メジャー通算282本塁打、1939安打を誇る34歳が一体どんな活躍を見せるのか。メジャー14年間で残した詳細なデータから、その選手像を探ってみよう。
 
 2003年にドラフト1巡目(全体37位)でシアトル・マリナーズに指名され入団したジョーンズは、2006年にメジャーデビュー。そして2008年の開幕前にボルティモア・オリオールズに移籍すると、それまで41試合が最多だった出場機会がいきなり132試合に激増した。
 
 翌2009年には自身初の2桁本塁打となる19本塁打をマークし、長打力が開花。2012年~2013には2年連続160試合以上に全出場してフィジカルの強さを示すとともに、2年連続の30本塁打以上、2013年には初めて100打点を突破し(108打点)、いよいよ“全盛期”の時を迎える。
 
 守備でもそゴールドグラブ賞を5度獲得するなど、類い稀な身体能力で攻守にわたって安定した活躍が続き、メジャー13年目となる2018年オフにフリーエージェント(FA)としてアリゾナ・ダイヤモンドバックスに移籍した。
  
 初めてのナショナル・リーグとなったダイヤモンドバックスでは、137試合の出場で打率.260、16本塁打、67打点と適応に苦労したが、それでも2010年から10年連続130試合以上、11年連続2ケタ本塁打と60打点以上をマーク。30代半ばの年齢でも急激な衰えは感じられず、まさに“バリバリのメジャーリーガー”の形容詞とともにオリックス入団に至った。
 
 では、このジョーンズという選手は、具体的にどんな特徴があるのだろうか。

1 2 3



  • 記者募集