データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



川相昌弘、ドラフト4位の肖像#3――「おー荒木大輔かと思って見てましたね」

ドラフト四位指名―ドラヨンに結果を残している選手が多い。ドラフト一位指名は、その時点で同年代の野球少年の最前列にいると認められたことになる。その意味で、ドラヨンは、二列目以降の男たちとも言える。そんな“ドラヨン”で入団した野球選手を追った本日10/16発売の新刊「ドラヨン」から一部抜粋で公開する。

2019/10/16

text By

photo

田崎健太

タグ: , , , , , , , , , ,



「当時はアイシングさえしたことがなかった」

 開会式で初めて甲子園の土を踏んだとき、憧れの場所に来たのだと感慨深かった。
 
「プロ野球選手になりたいという夢はありましたけれど、その手前の夢が甲子園。そこに立っているということで満足感はありましたね」
 
 出場校が並んでいる中で、思わず目を追ったのは東東京代表の早稲田実業だった。前年の夏、早稲田実業は一年生投手の荒木大輔を中心に準優勝していたのだ。
 
「一年生から試合に出ていましたから、当然知っていました。おー荒木大輔かと思って見てましたね」
 
 荒木さんとは同じ年ですね、やはり意識していましたかと聞くと「それはもう」と笑いながら頷いた。
 
「でもやっぱりぼくは田舎者だし、強そうだなぁなんて思って見てましたよ」
 
 自分の躯がいつもと違うと気がついたのは、開会式直後のことだった。
 
「練習する場所がなかったので、河川敷に行って軽くキャッチボールやろうかという話になったんです。そうしたら、肩がおかしい。なんかボールに力が入らない。バネが伸びきったような感じなんです」
 
 川相が「ちょっと投げられそうにないです」と異常を訴えると監督は顔色を変えた。監督、そして野球部の部長たちがあちこち当たって、肩を診てもらえる場所を探した。
 
「肩がおかしくなったのは初めてだったんです。当時はアイシングさえしたことがなかった。それで治療してもらうところに行ったんです。だから、試合はぶっつけ本番でしたね」

1 2 3



  • 記者募集