データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【春季キャンプ見どころ・巨人】鉄板の外野陣も若手の入る余地あり 大混戦の正捕手争いの行方は

2019/02/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 2月1日からプロ野球の春季キャンプが一斉にスタートした。大物ルーキー、新外国人、フリーエージェント(FA)移籍など新加入の選手に注目が集まるが、それぞれのチームがシーズンを勝ち抜くためのポイントはどこか。開幕時点の投手起用とオーダーを検討し、見どころを探る。
 

守護神争いに注目


 開幕投手は菅野智之で決まりだが、残りの5枠は混沌としそうだ。
 
 メジャーから復帰の岩隈久志、高卒の生え抜きとして期待が高い田口麗斗、高いクオリティスタート(QS)率を誇るメルセデス、今村信貴がややリードする展開だが、彼らが安泰ということは決してない。
 
 昨季は中継ぎ起用に甘んじた野上亮磨も枠を狙っているだろうし、ルーキーの高橋優貴、日米野球のエキシビションマッチに登板した3年目の髙田萌生、大江竜聖は1軍キャンプメンバー入りして、アピールするだろう。
 
 ブルペン陣は山口俊、澤村拓一、新外国人クックがクローザー争いを展開する。誰が定位置を獲得するかは見ものだ。ツープラトン起用でも問題はないだろう。若い鍬原拓也、2軍スタートの上原浩治や畠世周などもブルペンを厚くするだろうが、彼らに続く投手陣は混戦模様だ。
 
 マシソンがいつ復帰できるかにもよるが、桜井俊貴や、2軍スタートとなった宮國椋丞、田原誠次、中川皓太、池田駿など次から次へと名前が出てくる。
 
 大型補強をして優勝を狙うシーズン。キャンプから数少ない枠を競う戦いが繰り広げられる。

【次ページ】野手
1 2