データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【春季キャンプ見どころ・オリックス】山本由伸と山岡泰輔のエース争いに注目 打撃陣はレギュラー奪取の好機

2019/02/03

text By

タグ: , , , ,



 2月1日からプロ野球の春季キャンプが一斉にスタートした。大物ルーキー、新外国人、フリーエージェント(FA)移籍など新加入の選手に注目が集まるが、それぞれのチームがシーズンを勝ち抜くためのポイントはどこか。開幕時点の投手起用とオーダーを検討し、見どころを探る。
 

先発7人制、オープナー採用も?


 金子千尋(弌大)、西勇輝の二枚看板が移籍し、先発投手陣はフレッシュな顔ぶれになりそうだ。
 
 エースを争うのは、昨季、セットアッパーを務めた山本由伸と山岡泰輔だろう。後ろに、アルバース、ディクソンが控えるだけに、若い二人でしのぎを削ってもらいたい。特に先発再転向になる山本がどのようなピッチングを見せてくれるかは楽しみだ。もともと、先発タイプで、スケールの大きいピッチングができる。山岡とともに上背で圧倒していくタイプではないが、それぞれに魅力がある。
 
 し烈なのは5、6枚目以降だが、西村監督は「先発7人制」を公言している。左腕・松葉貴大や東明大貴、K-鈴木、若い世代では榊原翼、山﨑颯一郎やルーキーの富山凌雅が1軍キャンプメンバー入りし、チャンスを生かしたいところ。また、MLBのオープナー制度(本来はリリーバーを先発させる)の導入がありえるかもしれない。さすがに、増井浩俊を使うことはないだろうが、黒木優太などは十分に考えられる。
 
 一方のブルペン陣は、クローザーの増井が安泰だが、山本が先発に転向した穴をどう埋めていくかが、キャンプの争点になりそうだ。吉田一将が候補の一人だが、近藤大亮、比嘉幹貴ら経験者もいるし、オールドルーキー・荒西祐大も楽しみな存在だ。
 
 金子と西が抜けて、戦力ダウンは否めないが、チームが大きく変わるチャンスだ。

【次ページ】野手
1 2