データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



“最強捕手”モリーナ、衝撃の一発に見たMLBの高い技術力。侍Jバッテリーが得た成長の糧【日米野球】

「2018日米野球」第3戦は、MLBオールスターチームが日本代表「侍ジャパン」を7-3で下し、初白星を飾った。J.T.リアルミュート捕手、ヤディアー・モリーナ捕手の本塁打を放ち、その技術力の高さを知らしめる一戦となった。

2018/11/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



快調な滑り出しだった多和田-森バッテリー

 ちょっと信じられなかった。5回表の事だ。
 
 1死二、三塁のピンチを迎えていた侍ジャパンの先発・多和田真三郎は1ボールからの2球目にアウトコースのスライダーを選択した。
 
 空振りを取るには最適な低いコースにコントロールされたボールだったが、これをMLBオールスターチームの2番ヤディアー・モリーナが捉えると、打球は右翼スタンドへ飛び込む3点本塁打になった。
 
 「日本と違ってセオリーがアウトコースではないことはわかっていましたが、アウトコースをしっかり弾かれてしまった。ボール自体は悪くなかったと思いますが、(配球が)丁寧に行き過ぎたのかもしれません」
 
 捕手を務めた森友哉だ。アウトコースのボールゾーンに逃げていくスライダーを右翼スタンドに放り込む技術力の高さには、ただただ驚くしかない。
 
 この日、先発した多和田-森のバッテリーは、初回から飛ばしていた。多和田のストレートにはキレがあり、低めにコントロールされていたからリズム良く投げられていた。
 
 下半身を沈み込ませて投げていく多和田のボールは、初見ではなかなか捉えにくいのだろう。腕の位置はスリークウオーターながらアンダースロー投手のように低い位置から投げ込んでくるからタイミングが合わせにくいのだ。
 
 序盤3回を1安打に抑える快調な滑り出し。スタンドにいたメジャーリーグのスカウトたちは一様に、親指を立てていた。
 
 ところが、4回に入るとMLBの打者たちは高い技術を徐々に発揮していく。
 

1 2 3