データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



珍名は大成する? 武田久が語った即戦力右腕・生田目に寄せる大きな期待【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#88】

今年のファイターズのドラフトは結果的に甲子園で注目を浴びた選手を指名した。しかし、その中で大学時代にドラフト候補と言われながら指名されなかった生田目翼選手に期待したい。

2018/11/04

text By

photo

高木遊

タグ: , , , ,



生田目に期待するワケ

 吉田輝星ら「甲子園の星」組の指名権獲得でファイターズのドラフトがが注目を集めている。先日も『ひるおび!』(TBSテレビ系)でかなり長い尺を取って、ドラフトの裏側やファイターズの育成戦略を紹介していた。コメンテーターの1人として白井一幸元コーチが加わり、僕らコアファンからすると耳になじんだ話をしている。ちょっとびっくりした。これ、地上波の全国ネットだよなぁ。北海道ローカルとか、CS放送ならわかるけど、世間の人はこんな日ハムトークで大丈夫なのかな?
 
 その点、ベースボールチャンネルのコラムは野球ファンしか読まないから安心だ。敢えて吉田輝星でなく、ドラフト3位の生田目翼(日本通運)を取り上げたい。「いくため」ではなく「なばため」と読む。生田目投手ご本人の弁によると茨城県の名字だという。ことによると下野国芳賀郡生田目荘(なばためのしょう。現在の栃木県芳賀郡益子町生田目にあったと考えられる)を本拠とした豪族、生田目氏がルーツとも考えられる。
 
 余談だが、PCの漢字変換では「なばため」と打つと「生天目」と真ん中の字が「天」になってしまう。ライターとしては(登録しなければ)「生田」をまず打って「目」を足すしかない。「かぎや」を変換すると「鍵屋」が出てしまうから、「かぎたに」で「鍵谷」を出すのに似ている。で、ラジオ出演のときなんか、うっかり漢字変換グセが出て、名前を言い間違えたりするんだ。重々わかってるのに、緊張して、ついうっかり出ちゃう。「なばため」は要注意だなぁ。
 
 僕はかねて「珍名さん=大成する」説を唱えている。子どもの頃からプロ野球選手名鑑を見て、こんな名字の人、学校にいないけどなぁとずっと思ってきた。「源五郎丸」ってクラスにいないでしょ。「梵」「隠善」もいない。「一二三」「中後」もいない。僕の子どもの頃なら「醍醐」もいたし、「今久留主」とか「下水流」「乱橋」もいた。珍名さんのほうが「この名前を全国区にしてやるぞ!」と発奮してビッグな選手になるんじゃないか。当然のこと、「生田目」投手には期待してやまないのだ。
 

1 2