データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドラフト指名選手、スカウトが注目したポイントは? 球団コメントを一挙公開<パ・リーグ>

プロ野球ドラフト会議が25日、東京都内で開かれた。千葉ロッテマリーンズが3球団競合の末、藤原恭大外野手(大阪桐蔭高)との交渉権を獲得。北海道日本ハムファイターズは外れ1位で吉田輝星投手(金足農)を単独指名するなど、12球団で104選手(育成含む)が指名された。各球団は候補者のどこに注目して指名を決めたのか。担当スカウトと球団のコメントを紹介する。

2018/10/26

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



東北楽天ゴールデンイーグルス

1.辰己涼介外野手(立命館大)
180センチ・72キロ、右投左打
担当スカウト:愛敬尚史
 走攻守の全てに魅力があり、持っているポテンシャルは抜群。特に地肩の強さや走力は1軍に混ざってもトップクラス。
 
2.太田光捕手(大阪商業大)
177センチ・75キロ、右投右打
担当スカウト:愛敬尚史
 スイングに力があり、広角に長打を打つことができる。将来はリーダーとしてチームを引っ張ることも期待できる。
 
3.引地秀一郎投手(倉敷商高)
188センチ・84キロ、右投右打
担当スカウト:山下勝己
 ストレートは高校生の中ではトップクラス。ポテンシャルと馬力を持った素材型の魅力ある投手。
 
4.弓削隼人投手(SUBARU)
193センチ・105キロ、左投左打
担当スカウト:沖原佳典
 190センチを超える長身からスリークォーターのフォームで投げる左腕。スケールの大きい規格外の選手。
 
5.佐藤智輝投手(山形中央高)
184センチ・82キロ、左投左打
担当スカウト:宮越徹
 身体の力は強く、リリースの強さもある。まだまだ伸びしろがある選手で、将来的にはローテーションに食い込む可能性は十分にある。
 
6.渡邊佳明内野手(明治大)
180センチ・79キロ、右投左打
担当スカウト:後関昌彦
 バットコントロールが良い選手。広角に打ち分けるバッティングが一番の魅力。打席での粘りがあり相手に嫌がられるタイプ。
 
7.小郷裕哉外野手(立正大)
178センチ・85キロ、右投左打
担当スカウト:沖原佳典
 身体能力が高く、走攻守三拍子そろった選手。肩の強さ、足の速さ、バッティングが強みで、バッティングに関してはシュアでありながらパンチ力もある。打率、ホームランも期待できるスピードのある選手。
 
8.鈴木翔天投手(富士大)
184センチ・77キロ、左投左打
担当スカウト:宮越徹
 本格的に投手を始めて4年であり、まだまだ伸びしろがある。将来的にはローテーション争いができる投手。落ち着いてきっちりと試合を作るピッチングをしてくれる選手。
 
◇育成
1.清宮虎多朗投手(八千代松陰高)
190センチ・85キロ、右投左打
担当スカウト:後関昌彦
 長身から角度のあるボールを投げる。身体が大きい割にバランスが良く、大化けする可能性を感じる選手。
 
2.則本佳樹投手(山岸ロジスターズ)
174センチ・76キロ、右投左打
担当スカウト:山田潤
 ストレートの質が良く、変化球もストレートと同じ振りで縦に大きく割れるカーブやスライダー、カットボールやフォークボールを投げ分けるなど器用さも持った投手。
 

千葉ロッテマリーンズ

1.藤原恭大外野手(大阪桐蔭高)
181センチ・78キロ、左投左打
担当スカウト:下敷領悠太
 抜群の身体能力を誇る外野手。ここ一番での集中力の高さと試合の流れを変えることが出来る選手として1番打者として期待している。時には福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手のように、時には埼玉西武ライオンズ・秋山翔吾選手のように見える選手で、将来的にはトリプル3を狙える逸材。
 
2.東妻勇輔投手(日本体育大)
172センチ・80キロ、右投右打
担当スカウト:井辺康二
 投げっぷりのよさと強気のピッチングが最大の持ち味。小柄ではあるが140キロ後半のストレートに加え、空振りのとれるスライダーでピンチをしのぐことが出来る。基本的にはリリーフタイプ。スタミナも抜群で即戦力として1年目から70試合以上の登板をこなすことも期待される。
 
3.小島和哉投手(早稲田大)
177センチ・81キロ、左投左打
担当スカウト:井辺康二
 キレ、制球が抜群。安定感ある即戦力左腕。2種類のスライダーとチェンジアップを駆使しストライクゾーンを広く使いこなせるテクニシャン。浦和学院高時代には2年春に全国制覇。名門・早稲田大でもキャプテンを務めた。将来的にチームの主軸となる投手で、長い期間にわたっての活躍が期待される。
 
4.山口航輝投手(明桜高)
182センチ・85キロ、右投右打
担当スカウト:井辺康二
 高校生離れのパワーの持ち主。将来はホームランを量産できるような打者になることが期待できる。大柄な打者だが足も速い。打者としてのタイプを考えるとロッテ・井上晴哉内野手。左右に打ち分けるシュアな打撃も出来るなど、将来は主軸としてチームを引っ張る存在になりうる。
 
5.中村稔弥投手(亜細亜大)
177センチ・86キロ、左投左打
担当スカウト:山森雅文
 制球力抜群、度胸も抜群、体力も抜群。ストレートは140キロ中盤で特筆すべきはツーシームの精度の高さ。空振りもとることができれば、ゴロの山も築くことが出来る。先発もリリーフもできるがまずはセットアッパー、リリーフから結果を出していってほしい。さらに伸びしろもあり、将来性抜群。
 
6.古谷拓郎投手(習志野高)
182センチ・76キロ、右投右打
担当スカウト:榎康弘
 しなやかなホームでキレのいいストレートを投げる投手。カーブ、スライダー、カット、フォーク、スピリットと多彩な変化球を操る。地元・千葉県鎌ケ谷市出身で市立習志野高校からは福浦和也内野手以来の指名。大先輩のように息の長い選手となってもらい、チームの顔となってほしい。細身でキレのあるボールを投げ込むことから、楽天・岸孝之投手をほうふつさせる。
 
7.松田進内野手(Honda)
188センチ・95キロ、右投右打
担当スカウト:榎康弘
 188センチ、95キロの巨体ながら走れる大型内野手。シュアでさらにパワフルな打撃が魅力。これまでのマリーンズには少ない走攻守三拍子そろった大型内野手。昨年までは遊撃手で國學院久我山時代から井口二世の異名を持つ。1年目から1軍で活躍する可能性を秘めている。将来的には主軸を打ってほしい。
 
8.土居豪人投手(松山聖陵高)
191センチ・84キロ、右投右打
担当スカウト:黒木純司
 長身から投げ下ろすボールには角度があり、下半身が出来てくれば先発としてローテーション入りが期待できる投手。球持ちもいい事から、打者は球速以上に速さを感じる。カーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップと球種も豊富。身長があって角度があることから外国人投手をほうふつさせる。スケールの大きな投手だ。
 
◇育成
1.鎌田光津希投手(徳島インディゴソックス)
180セン・91キロ、右投右打
担当スカウト:黒木純司
 150キロを計測するストレートで空振りがとれる。ナックルカーブも武器の一つ。スライダー、フォークもウィニングショットとして十分に使える。主に先発として登板していたが、まずはセットアッパーとして期待ができる。千葉県匝瑳市出身で伸びしろがある。
 

1 2 3