データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドラフト指名選手、スカウトが注目したポイントは? 球団コメントを一挙公開<パ・リーグ>

プロ野球ドラフト会議が25日、東京都内で開かれた。千葉ロッテマリーンズが3球団競合の末、藤原恭大外野手(大阪桐蔭高)との交渉権を獲得。北海道日本ハムファイターズは外れ1位で吉田輝星投手(金足農)を単独指名するなど、12球団で104選手(育成含む)が指名された。各球団は候補者のどこに注目して指名を決めたのか。担当スカウトと球団のコメントを紹介する。

2018/10/26

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



福岡ソフトバンクホークス

1.甲斐野央投手(東洋大)
185センチ・75キロ、右投左打
担当スカウト:宮田善久
 きれいな回転のストレートは学生最速159キロ。変化球もレベルが高く、特に垂直落下のフォークボールは一級品。けん制や守備を含め総合力の高い投手である。今年の夏は侍ジャパン大学代表に入り、抑えとして活躍。負けん気の強さと向上心で球界を代表する投手になる逸材。
 
2.杉山一樹投手(三菱重工広島)
193センチ・92キロ、右投右打
担当スカウト:山崎賢一
 193センチの長身から投げる最速153キロのストレートとスライダーが魅力の本格派右腕。強さある身体と投球術にさらなる磨きをかければ、将来先発・中継ぎとフル回転の活躍が期待できる。
 
3.野村大樹内野手(早稲田実業)
172センチ・82キロ、右投右打
担当スカウト:宮田善久、山本省吾
 ここぞの場面でチームを勝利に導く一打を放つ勝負強さが最大の魅力だ。力強さと確実性を兼ね備え、右へも打てる高い技術力もある。ハートも熱くチームのエネルギーとなる選手。将来のクリーンアップ候補として期待。
 
4.坂東湧梧投手(JR東日本)
182センチ・78キロ、右投右打
担当スカウト:宮田善久
 しなやかなフォームから繰り出す最速148キロの直球は角度がある。多彩な変化球を両サイドに投げ分け打者を翻ろうする投手。甘いマスクも人気。
 
5.水谷瞬外野手(石見智翠館高)
192センチ・91キロ、右投右打
担当スカウト:山崎賢一
 192センチの大型外野手。50メートル6秒の俊足、打撃は140メートル越えの飛距離も魅力。将来はトリプルスリーを狙える逸材。
 
6.泉圭輔投手(金沢星稜大)
187センチ・83キロ、右投右打
担当スカウト:山本省吾
 長身からソフトバンク・武田翔太さながらに投げ下ろすストレートは角度十分。多彩な変化球を器用に操るセンスも光る。スリムな体には今後の成長の余白も大いに残し、次代の先発候補として期待大。
 
7.奥村政稔投手(三菱日立パワーシステムズ)
178センチ・80キロ、右投右打
担当スカウト:荒金久雄
 最速154キロの即戦力投手。カット・フォークになど変化球を交えたマウンドさばきも魅力的な投手。
 
◇育成
1.渡邉陸捕手(神村学園高)
184センチ・80キロ、右投左打
担当スカウト:岩井隆之
 強肩・強打の大型捕手。スローイングに定評があり、相手の動きを見ながらリードもできる。
 
2.岡本直也投手(東京農業大北海道オホーツク)
181センチ・75キロ、左投左打
担当スカウト:作山和英
 最速144キロ。多彩な変化球を巧みに操り、緩急の上手い頭脳派左腕。柔らかな腕の振りで球速以上にキレのあるストレートも魅力。
 
3.重田倫明投手(国士館大)
185センチ・85キロ、右投右打
担当スカウト:宮田善久
 大きな潜在能力を秘めた長身から投げ下ろす最速146キロの直球が武器。肘の故障から再起をかける。
 
4.中村宜聖外野手(西日本短大付高)
183センチ・88キロ、右投右打
担当スカウト:岩井隆之
 身体能力抜群。強肩、強打、俊足の三拍子そろった大型選手。
 

埼玉西武ライオンズ

1.松本航投手(日本体育大)
176センチ・84キロ、右投右打
担当スカウト:竹下潤
 キレのあるストレートに加え、精度の高い変化球で先発完投能力のあるクレバーな投手。
 
2.渡邉勇太朗投手(浦和学院高)
190センチ・90キロ、右投右打
担当スカウト:大島裕行
 恵まれた体格からの力強いストレートが武器。スケールが大きく、将来性が豊かな投手。
 
3.山野辺翔内野手(三菱自動車岡崎)
170センチ・74キロ、右投右打
担当スカウト:安達俊也
 小柄ながらパンチ力があり広角に打てる。守備範囲が広く、盗塁のできる走力と三拍子揃った好選手。
 
4.栗津凱士投手(東日本国際大)
180センチ・80キロ、右投右打
担当スカウト:水澤英樹
 シンカーが武器でキレとコントロールで勝負する投手。
 
5.牧野翔矢捕手(遊学館高)
178センチ・77キロ、右投左打
担当スカウト:鈴木敬洋
 地肩のある捕手。身体能力が高く、将来性がある選手。
 
6.森脇亮介投手(セガサミー)
175センチ・70キロ、右投右打
担当スカウト:竹下潤
 小柄ながらストレート、変化球の精度が高く、落差のあるフォークボールが魅力の即戦力投手。
 
7.佐藤龍世内野手(富士大)
174キロ・80キロ、右投右打
担当スカウト:水澤英樹
 ガッツあふれるプレーが魅力の選手。
 
◇育成
1.東野葵投手(日本経済大)
183センチ・75キロ、左投左打
担当スカウト:高山久
 キレの良いボールを投げる左の本格派。
 
2.大窪士夢投手(北海高)
198センチ・88キロ、右投右打
担当スカウト:水澤英樹
 198センチの未完の大器。
 
3.中熊大智捕手(徳山高)
176センチ・84キロ、右投左打
担当スカウト:後藤光貴
 広角に打ち分けられる打撃センスのある捕手。

1 2 3