データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ロッテ・福浦、打者転向で運をモノにした選手。2000安打達成、次なる期待は“初登板”【小宮山悟の眼】

 千葉ロッテマリーンズの福浦和也内野手がプロ野球史上52人目となる通算2000安打を達成した。かつてチームメイトとしてともにプレーした小宮山悟氏が当時を振り返り、記録達成に祝福を送った。

2018/09/27

text By

タグ: , , , , , , ,



投手から打者へ、入団直後に転向打診

 ロッテの福浦和也が2000安打を達成した。一緒にプレーした時期があった選手の記録達成は本当に喜ばしく思う。
 
 福浦は運をモノにした選手だと言えるだろう。
 
 1993年ドラフトの最下位指名だった福浦。投手として入団したが、左腕であること以外は、球が特別速いわけでもなく、制球が特別良かったわけでもなかった。ただ、バッティングも良かったから指名したとは聞いている。
 
 打者転向の風が吹いたのは入団直後だった。ロッテに所属していた外国人選手があまり活躍せず、チームに目ぼしい選手がいなかったことが影響した。1軍監督が2軍コーチ陣に「いい選手はいないか」と尋ねたところから転向案が生まれた。
 
 実は、私は福浦のバッティングテストを現場で見ていた。当時、1軍は3日間の遠征中だったが、私は帯同せずに浦和で練習していた。その際、ランチ特打のとき、福浦が防球ネットの一番高いところまで飛ばしていた。当時の山本功児2軍打撃コーチに「打者転向をどう思うか」と意見を聞かれ、「投手・福浦」の実力を知らなかった私は「投手として厳しいようならいいんじゃないですか」と答えたことを覚えている。
 
 フリーバッティングだから防球ネットの上部まで飛ぶこともあるだろうと思っており、バッティングにセンスを感じての意見ではなかった。

1 2 3