データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



有原離脱で高梨が最有力? ロマン溢れる開幕投手予想。代役がエースに化ける可能性も【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#70】

ファイターズの2018年開幕投手は、有原航平が最有力とみられていた。その有原が右肩痛で開幕先発ローテから外れると先日報じられた。果たして、今年の開幕投手は誰が任されるのだろうか。

2018/02/25

text By

タグ: , , , , , ,



代役開幕投手からエースへ成長したガンちゃん。今年の開幕投手は誰?

 僕は1996年の岩本勉を思い出す。その頃、ファイターズのエースは西崎幸広であり、他の開幕投手は考えられなかった。が、その年、雨天中止で開幕が2日ずれ込むのである。1日ならまだしも2日だ。大エース西崎はスライド登板を回避して、ローテを1回飛ばすことになる。で、大役がまわってきたのは若き日のガンちゃんだ。本人もたぶん驚いたと思うが、まわりも「岩本が開幕投手?」だった。が、どんな事情であれ、球史に残るのは「1996年日本ハム開幕投手・岩本勉」だ。ガンちゃんはそこで自分の格を一段上げた。そのシーズン初の2ケタ勝利(10勝)をマークするのだ。
 
 ガンちゃんは1年置いて1998年に再び開幕投手を務める。今度はキップ・グロス怪我の代役だった。これで完封勝利をおさめて、更に一段ステップアップを果たす。オールスターゲームに初出場し、シーズントータル11勝。「開幕投手が人をつくる」例じゃないだろうか。ちなみに翌1999年にも開幕戦完封勝利を飾り、稲尾和久(西鉄)以来、史上2人目の「2年連続開幕戦完封」とニュースになった。
 
 有原に代わって開幕投手を務める男が、それをきっかけに有原を飛び越えエースに成長してしまうストーリーだって十分あり得ることなのだ。実際、ガンちゃんはチームのエースになった。せっかくだから今年の開幕投手選考はその含みを持たせたい。ポテンシャルを秘めた男に「投手の勲章」をつけてやりたい。
 
 一体、誰になるだろうか。まだ1カ月あるのだから今後の調整如何でどうなるかわからない。しかし、順当なところでいけば高梨裕稔、加藤貴之、上沢直之の三択じゃないか。新外国人のマルティネスあたりを使う手もあるが、なるべくなら(ガンちゃんがそうだったように)意気に感じる生え抜きがいい。
 
 開幕は西武戦だ。相手は剛腕・菊池雄星だ。こっちも力のある投球がほしい。そうすると高梨か加藤だろうか。一応、現段階で僕は高梨に本命の◎マーク、加藤に対抗の○を打つ。▲印は「三番手評価」という意味ではもちろん上沢なんだけど、本当の穴狙いなら2年目の堀瑞輝を一点買いしたい。2月22日の練習試合(三星ライオンズ戦)の投球が素晴らしかった。今年は必ず出てくる投手だ。
 
「開幕投手は誰だ?」はファン同士の飲み会で盛り上がりたいなら鉄板ネタだ。「絶対、斎藤佑樹!」と大穴狙いしてくる友達もいる。今季ここまで好結果を残しているのだが、それ以上に「開幕投手の経験がある」のが決め手だそうだ。確かになぁ、ロースター中、有原以外で唯一、開幕投手を務めているのが斎藤(2012年シーズン)だ。あの年はダルビッシュ有がチームを離れ、今年は大谷がチームを離れた。「また背負ってもらう」と友達は言う。別のヤツは「実は肩が治って有原!」と、これもすごい大穴狙いで来た。それだって十分あり得る。あーだこーだ言って1カ月過ごそうじゃないか。あーだこーだ言うのも立派にプロ野球の楽しみだ。
 
多田野数人らしい引退セレモニー。「思うようにならなかった球歴」こそ大きな財産【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#71】
 

1 2


  • 記者募集