データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





常勝軍団・ソフトバンク、“金の卵”は誰? 投手王国期待の右腕、“ポスト松田”の内野手とは

2017年シーズンはパ・リーグ史上最速で優勝を決め、2年ぶりの日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークス。“常勝軍団”の強さの背景にあるのは育成力だ。今年は新人11選手が入団したが、この中の何人が競争を勝ち抜き、選手層の厚いチームで活躍できるのか。

2018/01/15

text By

photo

Minako Furue

タグ: , , , , ,



投手王国ソフトバンクの期待の右腕

 優勝旅行など日本一の喜びに浸った2017年末。年が明け、ソフトバンクの選手たちは新たなシーズンへ向けて自主トレに励んでいる。
 
 プロ野球選手としてスタートラインに立ったルーキーも、合同自主トレを開始。大きな期待と少しの不安が入り混じった表情を見せながら、プロとしての第一歩を踏み出した。千賀滉大や甲斐拓也を育成選手からタイトルホルダーに育てたように、ドラ1で入団した今宮健太を球界を代表する守備の名手に成長させたように、ソフトバンクには育成力がある。今年の新人たちもいずれ、チームの顔となることができるのか。気になる金の卵に注目してみた。
 
 まずは、ドラフト1巡目の吉住晴斗投手だ。山形県の鶴岡東高校から入団した大型右腕。185センチの長身から最速151キロの角度あるストレートを投げ、スライダー、カーブ、カット、フォークなどの変化球を操る。優れた身体能力と投げっぷりの良さをスカウト陣に高く評価された。本人も「強いチームでプレーできる嬉しさと覚悟を持ってやっていきます。ストレートと変化球の投げっぷりを見てもらいたい」と話す。
 
 高校2年の夏に甲子園出場経験がある。3年夏は県大会3回戦敗退となったが、投手としての資質を評価されての1巡目指名。のびしろは十分にありそうだ。目標とするのは千賀。「ストレートが速くて、フォークなど変化球で三振が取れるところ。いろいろな人を楽しませられるような投手になりたい」と意気込む。
 
 1月10日に行われた入寮式では「このすばらしい環境で生活できる。社会人としての自覚を持ってやっていきたい」と選手を代表して挨拶した。同日に始まった新人合同自主トレでは、やや緊張した表情を見せながらもだんだんと笑みをこぼしながら、約2時間半汗を流した。
 
 「(この自主トレでは)2月のキャンプで最大限の力が出せるように準備していきたいです。福岡に来て動けないとなると大変なので、山形では主に長距離走やダッシュをしてきました」と話す。
 
 そのかいあってか、ランニングメニューでは先頭を走り存在感をアピールした。投手にとって走り込みは重要。これから本格的な身体づくりをしていく中で、過酷な走り込みメニューにも泣かされることはなさそうだ。
 
 「しっかり身体を動かせてよかったです。これからスタートなんだと実感できました。これから身体を大きくして、技術も心も大きくしていきたい」。初日を終え安堵の表情でそう語っていた。
 
 本人も自覚しているように、まずはプロで通用する身体づくりが最優先課題となることだろう。過去3年のドラ1投手である田中正義、高橋純平、松本裕樹らとともに近い将来、投手王国を築きあげる右腕になりそうだ。

スポンサードリンク

1 2