データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【アジアプロ野球CS総括】“勝利至上主義”の稲葉ジャパンが最高の船出。東京五輪へ新戦力は見つかったのか

「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」は19日、稲葉篤紀監督が率いる野球日本代表「侍ジャパン」が初代王者に輝き、幕を下ろした。2020年の東京五輪金メダルを目指す代表チームにとって幸先の良い船出となった。今大会で侍ジャパンは何を得たのか。

2017/11/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



若手に求む代表入りへの意識

 彼らのうち、東京五輪を意識していると語ったのは近藤健だ。
 
 「これまで下のカテゴリーで代表に入っていましたけど、注目を浴びてたくさんのお客さんの中で代表の試合をやったのは初めてだった。いい緊張感に中でやれたし、改めて1球に対する想いを学ばせてもらった。東京五輪は目指したいです。先輩たちを押しのけてというのは、おこがましくて言えないけど、代表に入るためには、先輩たちに追いつけ追い越せでやっていかないといけない。今大会は自分の持ち味のバッティングというところでアピールできたのは良かったかなと思います」。
 
 ほかの選手たちから東京五輪への意識がそれほど聞かれなかったのは少し残念だった。
 
 もちろん、所属チームでの立ち位置が厳しいのは分かる。「まずレギュラーに定着しないといけない」という状況下であるだろうし、大それたことを言いたくないとう気持ちが分からないわけではない。
 
 だが、今回は年齢制限があったにしても「今のNPBの若手日本代表」として、大勢の観客がいる中で日の丸を背負ったのだ。彼らに求めたいのはさらなる代表選手の意識だ。
  
 観客は連日3万人を超えるなど、集客は悪くなかったなかで、若い世代が躍動したことは今後へと繋がっていくはずだ。
 
 稲葉監督が勝利至上主義を掲げたのも、代表に入ること、勝つことの重みを体感することで生まれる代表への意識を持ってほしかったからではなかったか。
 
 「こういう国際大会を経験して、改めて東京五輪に出たい気持ちが強くなりました。WBCに入れなかったという悔しさも僕の中にはありますけど、やっぱり代表のユニフォームには重みがあるし、また着たいなと思います」
 
 2試合で侍ジャパンのクローザーを務め、気迫のピッチングみせた山崎康晃(DeNA)は日の丸への想いをそう語った。
 
 新生・侍ジャパンは3連勝で大会制覇という結果を残したが、この中から何人の選手が指揮官の記憶に残ったのか。
 
 「2020年の東京五輪に向けて、この日の丸を背負ってやりたいと思うように、成長してきてください」
 
 今大会の最後のミーティングで稲葉監督はそう語ったという。3年後の東京五輪へ向け、代表入りへのサバイバルがスタートした。

1 2 3