データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日本S第2戦採点】ソフトバンク、勝負かけた早めの継投は成功? 接戦逃したDeNAにプラス要素はあるか

日本シリーズ第2戦は福岡ソフトバンクホークスが4-3の逆転で横浜DeNAベイスターズを下した。緊迫した接戦で、両チームのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2017/10/30

text By

タグ: , , , , ,



横浜DeNAベイスターズ

1(中)桑原4.5
評 2試合連続ノーヒット。この日は4三振と大ブレーキ。積極性は出しているが、冷静さも必要。打順再考を。
 
2(右)梶谷6.0
評 これしかないという場面での起死回生の同点弾。チームに勇気を与えた。また打ったボールも今後の相手の配球にいきてくるはずだ。
 
3(一)ロペス5.5
評 内野安打1本のみだが、二度、相手の好捕にあった。ボールを捉える回数は増えてきている。
 
4(左)筒香5.5
評 全力疾走の内野安打と2塁打でチャンスメークはできた。本来の役割である決定打は放てず。
 
5(三)宮崎6.0
評 一時は勝ち越しとなる2点本塁打を放った。誰もが期待していた中での一発。1試合目からアグレッシブさを失わなかった結果の本塁打だった。
 
6(二)柴田5.0
評 1打席目に四球で出塁。守備面で好プレーはあったが、6番はやはり荷が重かった。
 
7(指)細川5.0
評 果敢に振りにいったが、アウトコースの変化球は見えていなかった。姿勢は評価したい。
 
8(捕)戸柱5.5
評 打席では無安打も今永を好リード。単調にならずに、今永が2年目と思えないほどの巧みさがみえたのは彼の力だ。勝っていればもっと点数は上がっていた。
 
9(遊)倉本5.0
評 7回裏に致命的なエラーを喫したが、併殺を狙おうという彼の必死さから生まれたプレーだということを忘れてはいけない。
 
<途中交代>
乙坂――
関根――
 
<投手>
今永6.0
評 先制を許したが、それ以外はほぼ完ぺきなピッチング。ピンチで柳田を2三振。攻めるところと引くところを熟知したピッチング。エースの存在感を今後もたらすだろう。
 
ラミレス監督5.0
評 前日、安打を放ったルーキー細川を先発に起用するなど、このまま引き下がれないぞというメッセージを選手起用で行った。戸柱の捕手起用もあたったのはプラス要素だ。ただ、打順には機能しなかった。もうすこしベンチに経験者を置いておきたい。

1 2 3



  • 記者募集