データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【日本S第2戦採点】ソフトバンク、勝負かけた早めの継投は成功? 接戦逃したDeNAにプラス要素はあるか

日本シリーズ第2戦は福岡ソフトバンクホークスが4-3の逆転で横浜DeNAベイスターズを下した。緊迫した接戦で、両チームのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2017/10/30

text By

タグ: , , , , ,



今宮の生還、覆った判定が決勝点に

 試合はソフトバンクが1回裏にデスパイネの適時打で幸先よく先制し、主導権を握った。しかし、6回表にDeNAが反撃に出た。2番・梶谷に右翼スタンドへの同点弾が飛び出し、走者を一人置いて宮崎が左翼スタンドに勝ち越し2点本塁打を放った。
 
 しかし、ソフトバンクは7回裏、明石の二塁打で好機を作ると、柳田が適時打。相手失策、四球で二死満塁と攻め立てると5番・中村晃が右翼前へ適時打を放った。二人目の走者・今宮はホームでアウトと宣告されたが、リプレー検証の末に判定が覆り逆転に成功した。この1点を盤石の継投で守り切り、2連勝を挙げた。
 
 両チームの採点は次の通り。

スポンサードリンク

1 2 3