データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドラフトで指名すべき選手は? 5年後から探る球団別補強ポイント<DeNA・阪神・広島編>

プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日に開催される。 高校通算本塁打111本の清宮幸太郎(早実)ら高校生スラッガー「BIG3」が注目されるが、今年のドラフトではどんなドラマが待っているのだろうか。

2017/10/25

text By

タグ: , , , , , , ,



 「ドラフト=チームの土台」であると考えたときに、数年後を見据えることが重要だ。現在のローテーション・ラインアップから、5年後に各球団はどう変遷していくか考えながら補強ポイントを探っていく。
 
 ドラフト注目選手<投手編><野手編>とあわせて、読者・ファンの方々には自身がGMになったつもりになってドラフトを楽しんでもらえたらと思う。
 
 今回はセ・リーグの横浜DeNAベイスターズ、阪神タイガース、広島東洋カープの3球団の補強ポイントを挙げる。※カッコ内は2017年・2022年の満年齢。

横浜DeNAベイスターズ

補強ポイント 即戦力右腕/1、3塁手のスラッガー
 
<現在のローテ>   <5年後>
石田健大(24歳)    石田健大(29歳)
濵口遥大(22歳)    今永昇太(29歳)
今永昇太(24歳)    濵口遥大(27歳)
ウィーランド(27歳)  飯塚悟史(26歳)
井納翔一(31歳)    砂田毅樹(27歳)
飯塚悟史(21歳)    水野滉也(28歳)
 
<中継ぎ>
田中健二朗(28歳)   福地元春(32歳)
三上朋也(28歳)    綾部翔(25歳)
加賀繁(32歳)     野川拓斗(31歳)
砂田毅樹(22歳)    進藤拓也(30歳)
 
<セットアッパー>
パットン(29歳)    熊原健人(29歳)
 
<クローザー>
山﨑康晃(25歳)    山﨑康晃(30歳)
 
 ドラフト上位で獲得した投手たちが戦力になり、投手陣は固まりつつある。スカウティングと育成が循環している証左だろう。ただ、先発陣は左腕が多いことと、現状の厚みを考えれば即戦力右腕は検討したい。野手にスラッガーが多い中、1位指名は悩みどころかもしれない。
 
<現在のラインアップ>  <5年後>
1(中)桑原将志(24歳)    (右)桑原将志(29歳)
2(二)柴田竜拓(24歳)    (二)山下幸輝(29歳)
3(一)ロペス(34歳)     (三)倉本寿彦(31歳)
4(左)筒香嘉智(26歳)    (中)青柳昴樹(25歳)
5(三)宮﨑敏郎(29歳)    (一)乙坂智(28歳)
6(右)梶谷隆幸(29歳)    (左)細川成也(24歳)
7(捕)戸柱恭孝(27歳)    (遊)柴田竜拓(29歳)
8(遊)倉本寿彦(26歳)    (捕)戸柱恭孝(32歳)
 
 ルーキー細川の活躍で、将来のスラッガーは1枚めどが立った。とはいえ、筒香の将来的なメジャー挑戦を考えれば、左のスラッガーは補強したいところだ。ポジションは1、3塁が理想だ。

【次ページ】阪神タイガース
1 2 3