データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





荒木大輔、ドラフト1位の肖像#2――大輔フィーバーの影響、「僕は早稲田大学に進学するつもりだった」

かつて「ドラフト1位」でプロに入団した選手1人の野球人生をクローズアップする。華やかな世界として脚光を浴びる一方で、現役生活では「ドラフト1位」という肩書に苦悩し、厳しさも味わった。その選手にとって、果たしてプロ野球という世界はどのようなものだったのだろうか。

2017/10/25

text By

タグ: , , , , , ,



自分たちはそんなに強くない

 荒木大輔にとって初めての甲子園は80年の夏だった。
 
 1回戦の相手は大阪府代表の北陽だった。北陽は激戦区の大阪府を勝ち抜いてきただけではなく、参加校中、最高のチーム打率.374という打撃のチームだった。
 
 先発を託された荒木は北陽打線を5回まではノーヒットノーラン、1安打完封。6対0で勝利を収めた。北陽が完封負けを喫したのは、練習試合を含めて、春の選抜で東東京都代表の帝京に0対2で敗れて以来のことだったという。
 
 端正な顔つき、高校生になったばかりの1年生のという儚げな空気は見る人の心を掴んだ。
 
「試合が終わって宿舎に帰ったら、世界が変わっていたんです。ほんの2時間ぐらい前とは全く違っていた。それまでは駅まで普通に歩いて、買い出しに行っていたのに、試合の後は宿舎に入れない」
 
 荒木を一目見ようという人間が集まっていたのだ。
 
 バスを横付けし、他の野球部員が手をつないで荒木を守るようにして宿舎に入れることが出来た。
 
 早稲田実業は決勝まで進み、横浜高校に敗れたものの準優勝という好成績を収めた。
 
 この甲子園で荒木の人生は一変することになった。
 
 甲子園に出て以来、実家の電話は鳴りっぱなしになった。工務店を経営していたこともあり、電話帳を開けばすぐに電話番号を調べることが可能だったのだ。また、武蔵関の早稲田実業のグラウンドには連日見物客が集まった。
 
 なにより大変だったのは通学である。バス、電車に乗ると荒木の周りには人が集まってきた。
 
 数日後、荒木は自分の乗る車両に同級生が乗り合わせていることに気がついた。
 
「野球部だけじゃなくて、ラグビー部、何も部活に入っていない生徒が6、7人いつも周りにいるんです。最初は偶然だと思っていたんです。そうしたらある日、寝坊していつもと違う列車に乗ると、そいつらがホームで待っていたんです。それで“おー”とか言って一緒に乗ってくる」
 
 自分のことを気遣って、見守っていてくれたのだと分かったのだ。
 
「照れくさいから、ありがとうも何も言わなかったですよ。そういう奴らがいるのが早実なんです。みんな大人なんですよね。普通、目立つと足を引っ張ろうとか、そういう人間がいますよね。ぼくはそんな思いをしたことが一度もない。野球部でもぼくがポジションをとった形になってしまった芳賀さんが、一番良くしてくれるんです。だから、ぼくは学校が大好きでした」
 
 その後、荒木は高2の夏と春、そして高3の春と夏と出場可能な全ての甲子園に出場している。
 
 しかし、自分たちはそんなに強いチームでなかったと自覚していたという。
 
「運が強かった。神がかりな守備で助けられたこともありました。あとはやっぱり、みんなが大人だったことです。野球における、いい意味でのずるがしこさがあった。悪いときには悪いときなりの戦い方がある。そういうのが出来る選手が固まっていた」

スポンサードリンク

1 2