データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク優位にあらず…福岡では楽天勝ち越し。突破のカギ握る投手起用【パCSファイナル展望】

プロ野球は18日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが始まる。パ・リーグは3位からファイナル進出を決めた東北楽天ゴールデンイーグルスが、福岡ソフトバンクホークスに立ち向かう。

2017/10/18

text By

タグ: , , , , , , ,



ヤフオク得意な楽天投手陣、ソフトバンクは2戦目に和田起用も手か

 仮に2戦目までを1勝1敗だった場合、楽天の先発陣は中5日で、則本、岸、美馬学という順番にできる。
 
 先発三本柱で一気に形勢の逆転を狙うのだ。則本はソフトバンク戦2敗だが、内容は悪くない。むしろ、シーズンや不甲斐なかったCSファーストステージの悔しさをぶつけてくるだろう。岸は西武時代からヤフオクドームを得意としていて、今季の防御率は1点台で2勝1敗。美馬もヤフオクドームでは2勝、同じく防御率は1点台なのだ。
 
 ヤフオクドームでの攻撃面の数字はおおよそ楽天の方がいい。データはあくまで参考にしかならないが、戦いやすいさを感じているのは間違いない。 ただ、2戦目までを1勝1敗(アドバンテージを入れれば、楽天の1勝2敗)にできる保障はなく、一気に勝負が決まる可能性もある。
 
 ソフトバンクのカギを握るのは、和田毅と中継ぎのモイネロになるだろう。
 
 和田の制球力は、左打者が並ぶ楽天打線の勢いを止めることができる。2戦目に先発させるのも一つの方法だ。モイネロは、いまだ楽天打線にヒットを1本も許していない。彼の使い方によって、ファイナルが大きく左右されるだろう。
 
 楽天打線はシーズン前半ほどの勢いがないが、ファーストステージで戦い方はある程度整理された。さらにヤフオクドームが狭いぶん、ムードメーカーのウィーラーやアマダーが脅威だ。茂木栄五郎、銀次のフルスイングにも怖さがある。
 
 ソフトバンク打線は柳田悠岐の欠場が痛い。則本、岸、美馬、福山、松井裕樹ら楽天投手陣をきっちり捉えていた。「柳田がいればな」という展開にしないようにするためには、ここ一本の勝負強さで相手を上回れるかだ。明石健志、中村晃の出塁を今宮健太がどうつなぎ、内川聖一、デスパイネ、松田宣浩が仕事をするか。
 
 楽天はファーストステージを投手戦に持ち込んで勝ち抜いたが、ソフトバンクの投手陣も層が厚い。僅差の試合で雌雄を決するシリーズになるかもしれない。

1 2



  • 記者募集