データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ソフトバンク優位にあらず…福岡では楽天勝ち越し。突破のカギ握る投手起用【パCSファイナル展望】

プロ野球は18日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが始まる。パ・リーグは3位からファイナル進出を決めた東北楽天ゴールデンイーグルスが、福岡ソフトバンクホークスに立ち向かう。

2017/10/18

text By

タグ: , , , , , , ,



シーズン成績はほぼ互角

 圧倒的な強さでリーグ最速優勝を決めたソフトバンクが優位に思われるが、楽天との対戦成績は13勝12敗とほぼ五分。さらにヤフオクドームでは、6勝7敗と負け越しており、ファイナルは厳しい戦いとなるだろう。
 
 初戦の先発はソフトバンクが東浜巨、楽天は塩見貴洋と発表されている。
 
 ソフトバンクは1勝のアドバンテージがあり、最多勝の東浜で早々と二つリードを取るという算段だ。一方、楽天の塩見はソフトバンク戦の登板は1試合だが、勝利を挙げている。
 
 ファイナルでのカギは2、3戦目の先発だ。
 
 ソフトバンクはリーグ勝率1位の千賀滉大が先発予定とのことだが、今季の楽天戦の防御率は5点台と相性が悪く2敗を喫している。
 
 一方の楽天は中4日となるが、ファーストステージ初戦に登板したエース・則本昂大を先発させることもできる。梨田昌孝監督はどう判断するか。
 
 今季、千賀とは2度投げ合い1勝1敗。楽天打線は千賀と相性がいいため、則本の体調を考慮すると無理に中4日での登板の可能性は低いか。となると2戦目は辛島航の先発が濃厚だ。
 
 ソフトバンクの3戦目は和田毅かバンデンハークだろう。楽天は2戦目が則本なら、3戦目が岸孝之になる。

スポンサードリンク

1 2