データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



SB、松坂は登板見送りか。松田の不調で三塁に不安…川崎の復帰も視野に【パ第5節展望】

開幕から2週間が経ち、14日から5節目に入る。3節連続負け越している福岡ソフトバンクホークス。今節の2戦目に松坂大輔投手が先発する予定だったが、どうやら攝津正投手に変更となりそうだ。

2017/04/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



日本ハムの初戦はプロ初先発の吉田

1位 楽天 ― 6位 日本ハム 8勝17敗0分(昨季) Koboパーク宮城
 
 東北楽天ゴールデンイーグルスは前節、エース則本昂大で落としたが、日程に余裕がある優位性を生かしたい。初戦の先発は釜田佳直が上がる。今季初先発の前回は4回7失点で負け投手になっている。2度試合を崩すのは避けたい。2戦目は美馬学、3戦目は岸孝之になるだろう。2人で前週は連勝。今回も続けたい。
 
 打線は銀次、岡島豪郎、茂木栄五郎、カルロス・ペゲーロなど左打者が好調。しかし今江年晶がいないぶん、中盤以降の接戦になると相手は左投手をぶつけてくるだろう。序盤勝負か、右打者のゼラス・ウィーラー、ジャフェット・アマダーの奮起に期待がかかる。
 
 野戦病院化している日本ハムは前節、ソフトバンクを相手に勝ち越した勢いを持続したい。初戦はプロ初先発となる吉田侑樹があがる。キャンプから猛アピールを続けながら、開幕1軍は漏れた。ここでの大抜擢を生かしたい。2戦目は有原航平、3戦目はルイス・メンドーサか。有原は2試合連続ふがいないピッチングをしているだけに、ここは締めたい。
 
 打線はベストメンバーが組めないが、絶好調の近藤健介の前にいかに走者をためるか。西川遥輝にややあたりが出てきたのは大きい。この二人に売り出し中の若手選手がどう絡んでいくか。チームの総合力で勝負していきたい。

【次ページ】待たれる川崎の昇格
1 2 3





  • 記者募集