データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





SB、松坂は登板見送りか。松田の不調で三塁に不安…川崎の復帰も視野に【パ第5節展望】

開幕から2週間が経ち、14日から5節目に入る。3節連続負け越している福岡ソフトバンクホークス。今節の2戦目に松坂大輔投手が先発する予定だったが、どうやら攝津正投手に変更となりそうだ。

2017/04/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



ロッテは二木が今季初登板

5位 ロッテ ― 2位 西武 13勝11敗1分(昨季) ZOZOマリン
 
 貧打に苦しみながらも、前節連勝した千葉ロッテマリーンズはこの3連戦をうまく勝ち切りたい。初戦の先発は今季初登板となる二木康太と発表されている。昨季の西武戦は2勝1敗とまずまずの成績を残しているが、今季は好調な西武打線を相手にどこまで抑えられるか。先発6枚目を争うルーキーの佐々木千隼が勝っているだけに、負けられないはずだ。2戦目はエースの涌井秀章、3戦目は未勝利ながらもあと一歩の投球をしている唐川侑己が予測される。
 
 打線の方は2連勝を挙げたとはいえ、まだ本調子からは程遠く、苦しい状況は変わらない。前日には昨季の首位打者・角中勝也まで離脱した。13日の試合では昇格したばかりの細谷圭が活躍。鈴木大地が好調を維持しているだけに、細谷や井上晴哉らで得点を挙げていきたい。
 
 埼玉西武ライオンズは3連勝の勢いを確実なものにしたい。安定した3人の投手陣が控えるだけに、大事な3連戦となる。初戦の先発は菊池雄星が上がる。ここまで2戦1勝1敗だが、ともに7イニングを投げた。今季の菊池に求められるのは、おそらく、この役回りだ。7回を投げ切るピッチングを目標に、勝利は後からついてくる。2戦目は野上亮磨、3戦目はブライアン・ウルフの予定だ。野上は前節初勝利を挙げ、ウルフは2連勝と安定感が光る。日程の余裕があり、継投を上手く使いたい。
 
 打線の方は、昨年までと違って得点の取り方が多彩なのが大きい。ホームラン頼みにはならず、困ったときにホームランが出る。とても怖い打線になっている。前の試合5安打の浅村栄斗、2本塁打の中村剛也が好調をキープし、1番・秋山翔吾に当たりが出てきたのも大きい。昨季はロッテに苦しめられたが、今のうちに叩いておきたい。

スポンサードリンク

1 2 3