データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田幸長、ドラフト1位の肖像#1――関節の柔らかさから生まれた、独特の縦カーブが武器に

1988年ドラフト1位でロッテオリオンズに入団した前田幸長。その後、千葉ロッテマリーンズ、中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツを経て、最後にはアメリカへ渡り3Aでもプレーをした。プロ野球の中では細身ながらも、独特のカーブとナックルボールを決め球に存在感を発揮した。(2017年2月15日配信分、再掲載)

2020/04/15

text By

photo

田崎健太

タグ: , , , , , , , , , , ,



独特のカーブが大きな武器に

 加えて、前田にはカーブがあった。
 
「小学生のときから、こっそりカーブを投げてました。試合では投げられないので練習のときだけ。誰かに習ったというのではなく、キャッチボールのとき、遊びで投げ始めた感じですね。なんか遊んでいるうちに自然にできていた。それが良かったんでしょうね」
 
 前田のカーブは独特である。
 
 腕を思い切り振り、手の甲を打者側に向けるようなイメージで球を離すという。関節が柔軟でなければ投げられない。後にロッテオリオンズで同僚となった伊良部秀輝は、前田からカーブの投げ方を教わったが、自分にはできないと諦めた。
 
「普通のカーブは斜めに落ちますよね。ぼくのカーブは縦回転で落ちる」
 
 この縦に落ちるカーブが前田の最大の武器となった。
 
 高校3年生が引退した後、前田は練習試合に先発する機会を与えられた。相手は、前田が進学を希望していた福大大濠だった。
 
「不思議な縁ですよね。そこでぼくは完封したんです。そこから(扱いが)変わりました」
 
 高校2年生の秋まで前田のストレートは130キロ代半ば。それほど速くはなかったが、面白いようにカーブで空振りを取ることができた。
 
「ぼく、高校時代をカーブをビタっと打たれた記憶はないです」
 
 そんな前田の名前が全国の野球関係者に広く知られるようになったのは、高校3年生春のことだった。

 

前田幸長、ドラフト1位の肖像#2――運にも恵まれた高校3年の夏「高校野球らしからぬ気楽な雰囲気」

 
ドライチ ドラフト1位の肖像』、Amazonなどで発売中です↓

1 2 3


  • 記者募集