データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田幸長、ドラフト1位の肖像#1――関節の柔らかさから生まれた、独特の縦カーブが武器に

1988年ドラフト1位でロッテオリオンズに入団した前田幸長。その後、千葉ロッテマリーンズ、中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツを経て、最後にはアメリカへ渡り3Aでもプレーをした。プロ野球の中では細身ながらも、独特のカーブとナックルボールを決め球に存在感を発揮した。(2017年2月15日配信分、再掲載)

2020/04/15

text By

photo

田崎健太

タグ: , , , , , , , , , , ,



父親に薦められて福岡第一へ

 そんなとき、父親が、福岡第一高校はどうかという話を持って来た。
 
 この年、福岡第一は福岡県大会で準優勝という成績を残していたという。それまで福岡第一高校という名前さえ知らなかったが、調べてくると甲子園出場経験もある。74年夏の甲子園出場メンバーの角富士夫は、翌年のドラフト2位でヤクルトスワローズに入り、内野手として活躍していた。
 
「そこそこ強いぞという話だったので、福岡第一に行くことにしました。ぼくは誘われたわけではなく、親父から薦められたから行ったんです」
 
 福岡第一はこの時期、野球に力を入れており、多くの有望な選手に声をかけていた。入学後、監督が一人の投手を熱心に誘っていたのだが、別の高校に進んだという話を聞かされた。津久見高校に進んだその投手の名前は、川崎憲次郎という。後にヤクルトからドラフト1位指名される投手である。
 
 入学してみると、1年生投手は9人。その中で二人が明らかに高い評価を受けていた。ボーイズリーグ出身で九州大会に出場していたという投手と、県下で名前を知られていた軟式野球部出身の投手だった。二人は身長180センチほどあり、躯がしっかりとしていた。彼らと比べると、167センチ、細身の前田は見劣りがしたことだろう。
 
 しかし、強気の前田は彼らに対しても気後れすることはなかったという。
 
「自分のほうがいい球を投げているのにな。ちゃんと見てくれればいいのになと思っていました」
 
 根拠のない自信ですよ、と前田は笑った。
 
 中学3年生の大会が終わった後、前田は父親と硬式球を使ったキャッチボールを始めている。中に鉛の入った硬式球は、軟式球に比べると重い。その重みの分が、球速に加わって、自分の球が速くなっているのを感じていた。

1 2 3


  • 記者募集