データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【野球人の言霊12】エリートとは対極の野球人生、広島・黒田博樹の信念

今や日米を代表するプロ野球選手となった黒田博樹。しかし、エリートとは対極の野球人生だった。

2016/09/11

text By

タグ: , , , , ,



高校時代は3番手

 上宮高時代は、3番手投手。元木大介(元巨人)、種田仁(元中日など)らを輩出し、当時、大阪でもトップクラスの強豪として名を馳せていたチームにはエリートが多く、黒田はそんなエリートたちに後塵を拝してきたのだった。

 

 甲子園に出場することなく大学に進学した。その大学でも、入学した当初は「甲子園出場組」に対する反骨心で日々、努力してきたという。

 

「自信というのはちょっとずつ、少しずつ積み上げていくものだと思う」

 

 努力をして積み重ねを大事にしてきたアスリートの言葉だと重く受け止めた。

1 2