データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大きなスタイルチェンジも? 明暗分かれる、メジャー復帰1年目のNPB成績

来季は田中賢介、中島裕之、松坂大輔ら日本球界へ復帰する選手が多い。MLBからNPBに復帰した選手の成績を見てみると、明暗が分かれている。果たして、来季彼らはどのような数字を残すのだろうか?

2014/12/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



これまでNPBに復帰した選手は33名

 12月16日、レンジャースを自由契約になっていた田中賢介の日本ハムへの復帰が正式決定した。今年は田中以外にもオリックスに入団した中島裕之、ソフトバンクに加入する松坂大輔ら日本球界へ復帰する選手が多い。
 
 日本人初のメジャーリーガーとしてサンフランシスコ・ジャイアンツで活躍したマッシー村上投手が1966年に南海ホークスに復帰したのを皮切りに、これまで33人の日本人メジャーリーガーたちが日本球界に舞い戻ってきた。石井一久や井口資仁らアメリカでの経験を活かし活躍する選手も多いが、その一方で最後の一花を咲かせずに終わってしまった選手たちもいる。
 
 今回は田中らの2015年を占う意味も込めて、彼らの通算成績と、1年目の成績を見ていこう。

【次ページ】投手
1 2 3


  • 記者募集