データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【7月2日千葉ロッテ対オリックス戦、BBC独自採点】完封で9勝目、石川に最高点。先制の口火となる三塁打の三木に「6.5」

7月2日、千葉ロッテ対オリックス戦は6-0で千葉ロッテが勝利を収めた。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行ってみたい。

2016/07/03

text By

タグ: , , , , ,



<千葉ロッテマリーンズ>

(一)細谷5.5
評 4打数1安打1打点。最初の3打席は内容・結果とも悪かったが、最終打席の二塁への内野安打を復調のきっかけにしたい。

 

(三)三木6.5
評 3打数1安打1得点で先制のホームを踏んだ。たった1安打のみだが、試合の潮目が変わる展開で、口火を切る三塁打は1安打以上の価値があった。この試合を大きく動かした。

 

(左)角中7.0
評 3打数3安打1四球。全打席出塁で、チームの勝利に大きく貢献した。投げる球が見当たらない。リーグトップクラスの手ごわい打者になっている。

 

(指)デスパイネ6.5
評 4回に先制の適時二塁打を放った。長打を狙わずに確実に打点を取りにいく姿勢は、勝負師の姿だった。一発必中の見事な活躍だ。

 

(二)ナバーロ5.5
評 先制点の後、追加の犠牲フライをきっちり放った。デスパイネとの相乗効果でチームに打点をたたき出している。

 

(遊)鈴木6.5
評 1打席目はスライダーで三振しながら、2打席目の好機では同じ球種を適時打にした。手元まで呼び込んでの芸術的な一打だった。

 

(右)清田5.0
評 結果的には四球になったが、目の前で敬遠されるなど、チームの中では抑えやすい打者とみられている。評価を覆したい。

 

(捕)田村6.0
評 打者としては結果を残すことはできなかったが、石川のシンカーが打たれていると気づくとカーブを駆使して相手打線を翻弄した。完封をアシストした陰の立役者だ。

 

(中)加藤6.0
評 2安打2打点の活躍。8回の適時打は試合を完全に決める貴重な一打だった。下位打線に彼の存在は意外と大きい。

 

<投手>
石川7.5
評 調子は決して良くなかった。しかし、その中でもピッチングをまとめながら、完封まで果たすのだから、見事というほかない。まさに大人のピッチング。多くの投手が手本にしたい。

 

伊東監督6.0
評 7回裏、3点をリードしている展開での代打・井口投入は、指揮官のこの試合への意気込みを感じた。代打策は成功しなかったが、チームに「何としても勝つんだ」というメッセージを送る采配だった。

 

<途中出場>
井口―
中村―
高濱―
荻野―

1 2 3