データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【7月2日千葉ロッテ対オリックス戦、BBC独自採点】完封で9勝目、石川に最高点。先制の口火となる三塁打の三木に「6.5」

7月2日、千葉ロッテ対オリックス戦は6-0で千葉ロッテが勝利を収めた。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行ってみたい。

2016/07/03

text By

タグ: , , , , ,



<オリックス・バファローズ>

(二)西野5.0
評 全く光るところがなかった。インコースを見せられると弱さを見せる。今の彼は2番が定位置のほうがいいかもしれない。

 

(遊)安達6.0
評 気を吐く複数安打。石川の変化球をしっかりセンター方向に打ち返したのは見事だった。1番ショートストップとしての起用も考えたい。

 

(右)糸井5.0
評 最後の打席で見せ場を作ったが、2、3打席目は見逃し三振。読みが外れると手が出ない打席があってもいいが、好機ではチームの士気を下げる。

 

(三)モレル5.0
評 バットに捕らえた打球がファールすらなかった。右投手相手では苦しい状態。日本の投手に慣れるのに、時間がかかりすぎている。

 

(指)T-岡田5.5
評 1、2打席目はあっていなかったが、修正して3、4打席で安打をマークした。チャンスで回したいバッターだ。

 

(一)クラーク5.0
評 スイングが鈍く、打てる気がしなかった。最終打席では、石川に疲れが見えていたのに、それでも振り遅れていた。

 

(左)大城5.5
評 3点を先取された後の先頭打者としてセーフティーバントを決めたプレーは評価できる。試合の重要ポイントを理解している。

 

(捕)若月5.0
評 序盤3回のリードは申し分なかったが、4回のピンチを迎えた場面で松葉とともに飲み込まれてしまった。失点は仕方ないにしても、間を取ってほしい。

 

(中)駿太5.5
評 1安打をマークしたものの、それほど目立つ活躍ではなかった。守備面ではミスはないものの、彼の力量なら、もっとできたはずだ。

 

<投手>
松葉4.5
評 3回までは1安打無失点の完璧な立ち上がり。カウント1ボール2ストライクをほとんどの打席で作るなど、優位な勝負をしていた。しかし、初めてのピンチで失点を許すと、そこから3失点。粘り強さが出てこないと勝ち星は、増えていかない。

 

赤間5.5
評 松葉の降板を受けて、4回途中から登板して、角中の1安打のみに抑えた。6回のピンチは乗り切りたかった。

 

比嘉5.5
評 赤間が作ったピンチを見事な火消し役で、切って取った。7回に井口、デスパイネを打ち取ったシーンを見る限り、重要な位置でも使えそうだ。

 

佐藤達4.5
評 ストレートの勢いは取り戻しているが、ストライクが入らない。四球でためたランナーを返されるという悪いパターン。赤間、比嘉の粘投を台無しにした。

 

福良監督4.5
評 前回登板のこともあって、松葉を降板させたのだろうが、4回途中3失点で変えてしまうのは、松葉の成長につながらない。赤間を交代させたのも然りだ。選手の成長をどう促していくか考えているようには思えなかった。

 

<途中出場>
小島―
山崎勝―

1 2 3