データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷の二刀流に続く日本ハムの新たな育成プロジェクト――センバツ優勝投手、平沼翔太の今

2015年ドラフト4位で入団した平沼翔太。敦賀気比では、春のセンバツの優勝投手だがプロでは遊撃手として勝負する。

2016/05/30

text By

タグ: , , , , ,



日本ハムの強さの根源

「スカウティングと育成で勝つ!」

 首位のソフトバンクと7.5ゲーム差の3位につける日本ハムには、そんな野望がある。
 会社概要のような冊子を作成し、タイトルにそう書いてあるのだ。

「(この文言は)言い換えれば、FAや外国籍選手などの補強に頼って勝たないということだと思うんです」

 そう語るのは、日本ハムのスカウトディレクター・大渕隆である。
 日本ハムの強さの根源は、いわば、スカウティング力といかに彼らを育てていくかの育成理念の大きさにある。

 見失われがちだが、スカウトがどのような選手をスカウティングしているどうかだけでは、スター選手は産み出せない。素材があって、それを生かす土壌がないと人は育たないのだ。日本ハムは、その両面に力を入れている12球団唯一のチームといえる。

 そんな日本ハムがぶったまげるような育成計画を進行している。

 その計画とは、2015年のドラフト4位で入団した平沼翔太についてである。
 ご存知の方もいるかもしれない、平沼とは昨春のセンバツで北信越に初の甲子園優勝旗をもたらした敦賀気比のエースだった選手だ。優勝のみならず、彼は甲子園10勝という限れた投手しかなしえていない記録をもっている。

スポンサードリンク

1 2 3 4

shiro