データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【5月12日東北楽天対埼玉西武戦、BBC独自採点】マンオブザマッチは決勝タイムリーの松井稼

5月12日、東北楽天対埼玉西武戦は4-0で東北楽天が勝利を収めた。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行ってみたい。

2016/05/13

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



採点基準

8  シーズンに1試合あるかないかの活躍
7.5 突き抜けた活躍
7  勝利貢献度上
6.5 勝利貢献度中
6  勝利貢献度小
5.5 活躍した選手
5  可もなく不可もない
4.5 足を引っ張った
4  敗戦につながるミス
3.5 退場など試合を壊す

さらに現地取材の内容を加味します。

 

両エース意地見せる

 しびれる投手戦だった。中5日の楽天・則本と雨天中止によって中7日空いた西武・菊池というコンディションの違いはあったにせよ、両投手のボールの勢いと粘り強くもあった投げ合いは見ごたえがあった。

 

 最後は則本の気迫と、チーム全体で菊池を崩していこうというチーム力の差にあったといえるだろう。先発した則本は「菊池君の調子がいいのは分かってたんで、我慢比べだと思っていました」と振り返った。決勝打を放った松井稼は「自分の後ろには銀次がいたんで、中途半端に行くのではなく、思い切りいきました」

 

 西武打線は最後まで工夫がなく、指揮官も代打策すら打てなかった。田邊監督が「今年一番のピッチング」と評した菊池を見殺しにしてしまった。採点は西武打線を完封に抑えた楽天投手陣に好評価をつけたが、マンオブザマッチは決勝打を放ち、試合早々からキーポイントになっていた松井稼に最高点を付けた。

 

<埼玉西武ライオンズ>
(中)秋山5.0
評 1四球のみも、球を見て行く姿勢は評価できる。その中で安打が出るようになって来れば、さらなるステージへと向かう。

 

(三)木村昇5.0
評 5回表の好機では、簡単に0-2に追い込まれたものの、そこからの粘りは見事だった。今後は粘るだけでなく、結果を残して対戦が嫌がれる選手になりたい。

 

(一)メヒア5.0
評 しぶとく1、2塁間を破った安打は見事だった。三振が多いとはいえ、振っていく姿勢を見せているのは評価できる。

 

(指)中村5.0
評 ラッキーヒットの1安打のみ。状態は良くない。パワーピッチャーの対応に苦慮している印象だ。

 

(二)浅村5.0
評 1打席目に安打を放ったが、6回表1死1塁で迎えた3打席目、3ボールから三塁フライを打ち上げたことをどう評価するか。積極性は彼の持ち味として買うが、ブレイクしたての選手ではない。振り返れば、敗因の一つにもなりかねない凡打だった。

 

(左)栗山6.0
評 状態が良いのをずっと続けている。1打席目のジャッジで不可解なところがあっても、精神的に崩れない。今年のキャプテンは、怖い存在だ。

 

(捕)炭谷5.5
評 菊池のリードは見事だった。これまで走者を背負ったときや試合終盤にカーブを要求するケースは少なかったが、今日は新境地を見せていた。限りなく6.0に近い評価といえる。他の投手の時も同じようなリードを。

 

(右)木村文5.0
評 追い込まれてからの粘りのなさは昨季からまったく変わっていない。能力を持て余している。今のところ、坂田を2軍に降格させたことは裏目に出ているともいえよう。

 

(遊)金子侑5.0
評 足で相手のエラーを誘った。やはり魅力的な足を持っている。構えだけセーフティーバントはどうか。

 

投手
菊池6.0
評 今年1番のピッチング。則本より先に降りなかったのは評価できるだろう。すべての球種が良かった。課題は精神面。球数は少なかったが、精神的な疲労はかなり感じられた。そこを乗り越えたい。降板する前のイニングを大事にしてほしい。

 

牧田5.0
評 扱いが中途半端な中、菊池の後を受けての4失点(自責1)は責められない。

 

田邊監督5.0
評 打てる気配のない木村文に代打を出すことなく、最後も炭谷をそのまま立たせた。チームの戦力をどう活用していくのか。

 

スポンサードリンク

1 2