データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【5月12日東北楽天対埼玉西武戦、BBC独自採点】マンオブザマッチは決勝タイムリーの松井稼

5月12日、東北楽天対埼玉西武戦は4-0で東北楽天が勝利を収めた。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行ってみたい。

2016/05/13

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



<東北楽天ゴールデンイーグルス>

(右)岡島5.0
評 無安打も、内野ゴロの一塁到達タイムはすべて4.10を切る好タイム。この姿勢なら、首位打者をとっても不思議ではない。

 

(二)藤田6.0
評 陰の立役者。随所にいぶし銀の活躍を見せていた。

 

(三)今江5.5
評 戦犯になりかねないエラーもあったが、則本に助けられた。8回裏、好機を広げる左翼前安打はさすがの一打だった。

 

(指)ウイーラー5.5
評 2三振のあと、2四球の貢献は評価できる。前回の菊池の対戦で2安打したことが生きている。

 

(左)松井7.0
評 本日のマン・オブ・ザ・マッチ。試合を決める先制タイムリーも見事だったが、初安打も彼のバットから。好機で粘り強さを見せるなど、今日の試合の中でポイントになっていた。

 

(一) 銀次6.5
評 試合を決定づける走者一掃の3点適時打。マンオブザマッチに選ぶほどではない。あくまで、松井のタイムリーがあってこそ。とはいえ、松井の力を借りながらでも、脅威を与えていたのは間違いない。

 

(中)福田5.0
評 左投手用として起用されているが、先発の菊池は左打者を苦手としている。守備でもミスがあった。今日のような成績では活躍の場は狭まるだろう。

 

(遊)茂木5.0
評 今日は音なしだった。とはいえ、大事なところで四球を選べるのは彼の才能かもしれない。

 

(捕)嶋5.5
評 菊池からは3三振。打てなさそうな気はしなかった。とはいえ、守備面での貢献度は3三振を打ち消すくらい。好リードだった。

 

投手
則本6.5.
評 見事というほかない。球数を投げさせられ完璧なピッチングではなかったが、気持ちを前面に出した。7回表の三者凡退が、どれほど、その後の菊池のピッチングに影響を与えたか。おそらく、誰も分からないだろう。

 

ミコライオ6.5
評 則本と並んで、今日の試合を大きく動かしたといえる。1イニングのみの登板も、メヒア、中村にスイングをさせなかった。

 

松井裕6.0
評 4点差ならのびのびと投げられる。水を得た魚のようだった。

 

<途中出場>
聖澤–
枡田–
阿部–
島内–

 

梨田監督6.0
評 福田の起用は、監督の判断か、スコアラーか。左打者が苦手な菊池を相手に、聖澤を入れないのは評価できない。ただ、投手の交代のタイミング、6番に銀次を入れたのは大正解だった。

1 2



  • 記者募集