データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ホークス3軍創設の意義――四国アイランドリーグplusとの定期戦で見えた『選ばれし者』と『夢追う者』

ホークスの3軍と四国アイランドリーグplusでは2011年から定期的に交流戦を実施している。

2016/04/16

text By

photo

阿佐智

タグ: , , , , , , , , , , ,



3軍創設の意義

 当然、プロの世界は厳しい。ここにいる全員が数年後に1軍の戦力になれるかどうかは未知数だ。それでも石渡3軍監督は、福岡ソフトバンクホークスという組織全体に3軍がプラスの効果をもたらしているとは胸を張る。
 
「3軍があることによって、組織全体に緊張感が生まれるんですよ。1軍選手は2軍に落ちたくない、そして2軍選手もそこが底ではなく、まだ3軍があることによって、そこに落ちたくないという意識が生まれますから」
 
 巨人、西武という常勝チームで現役時代を過ごした内野守備コーチの鈴木は、別の視点からソフトバンクというチームを語ってくれた。
 
 「お金で買った優勝って言われることもありますけど、今のウチの強さは、『組織』の強さですよ。1軍の優勝を2軍のスタッフも3軍のスタッフもみんな心から喜びます。要するにファミリーなんです。だからオーナーが優勝した試合で一緒に胴上げされるんですよ。今季、1軍は少し出遅れましたが、必ず上がってきますよ」
 
 その表情からは、自身が福岡ソフトバンクホークスという組織の重要なパーツを担っているという誇りが感じられた。
 
 この日の試合、3軍は香川打線を3安打に封じ込め、完封勝利を飾った。現在3軍でプレーする選手たちが、数年後どのように成長を遂げているのか。その時に本当に意味で、3軍創設の成果が見えてくるはずだ。

1 2 3 4


  • 記者募集