データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ホークス3軍創設の意義――四国アイランドリーグplusとの定期戦で見えた『選ばれし者』と『夢追う者』

ホークスの3軍と四国アイランドリーグplusでは2011年から定期的に交流戦を実施している。

2016/04/16

text By

photo

阿佐智

タグ: , , , , , , , , , , ,



コーチ陣の充実ぶり

 実戦経験だけではない。環境も独立リーグとは明らかに違う。今回の遠征も、3軍は前日に香川に入り、ホテルで一泊してから翌日のナイターに臨んでいる。環境の良さは、えてしてハングリー精神の足りなさにもつながりかねないが、それ以上に伸び盛りの選手が野球に専念できる環境が整備されているのは大きなメリットだ。
 
 そして指導者の充実ぶりをみると、「選ばれし者」と「夢を追う者」との距離を痛感させられる。
 
 佐久本昌弘、的山哲也、佐々木誠、鈴木康友、村松有人という、かつて1軍の主力として一時代を築いた経験をもつコーチ陣の充実ぶりは、さながら少数教育の野球アカデミーというべきものである。
 
 現役時代は首位打者も獲得し、社会人野球の監督の経験もある打撃コーチの佐々木は、3軍での指導についてこう語る。
 
 「まだ技術を教える段階にないですね。まずは土台から。変に技術を教えると、逆にその後の成長の妨げになるんですよ」
 
 さらに「社会人と違って、まだなにも知らない高校生。だから先生と生徒みたいな感じ」という佐々木の言葉どおり、試合前のグラウンドの風景はプロというよりも、大学の野球部のそれに近い。佐々木や的山ら指導者の声と、ルーキーたちの気合の入った声が響きわたる。

【次ページ】3軍創設の意義
1 2 3 4


  • 記者募集