データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



5番に課題。中日は「守りの野球」を追求すべし【小田幸平の眼】

開幕から15試合を終え、7勝6敗2分と「悪くない」滑り出しを見せた中日ドラゴンズ。ここ最近の好調ぶりを、ドラゴンズOBで評論家の小田幸平氏に分析してもらった。

2016/04/16

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



小田幸平から見た岩瀬と吉見の凄さ

――横浜DeNAベイスターズ、読売ジャイアンツとのナゴヤドーム6連戦を3勝1敗2分と勝ち越しました。この6連戦を小田さんはどうご覧になりますか?

小田 いい感じだと思います! 何がいいって、「守りの野球」ができているのが一番いいですね。まず、ピッチャーがしっかりしてきました。抑えるべき人が抑えて、勝利につながっていると思います。

――4月8日の巨人戦ではエースの大野雄大が完投勝利を挙げました。

小田 すごかったね! 巨人相手に1点差での完投勝利ということで、今後の自信にもつながるでしょう(編集部注:15日に登録抹消)。あと、次の日の巨人戦、引き分けに終わったけど、吉見が好投したのが大きかった。

――昨年8月5日以来の1軍登板で、7回を無失点。圧巻のピッチングでしたね。

小田 右肘手術からの復活登板ということで、かなりプレッシャーはあったと思うのに、大野にヒーローインタビューで「明日は僕の師匠の吉見さんがやってくれると思います」とさらにプレッシャーをかけられて(笑)。それでも抑えてしまうんだからすごいことだよ。そして岩瀬さんの復活! これも大きいね。

――0対0のまま迎えた8回1死満塁という絶体絶命のピンチの場面で612日ぶりの登板! 岩瀬投手のコールでナゴヤドームは騒然となりました。

小田 岩瀬さんは出てきたら抑えてくれるんですよ。僕もそう思って守っていましたから。

――小田さんは吉見投手、岩瀬投手の球を何度も受けてきていますが、2人のすごさはどんなところでしょう?

小田 やっぱり結果を残すところです。誰にも経験できないような場面で岩瀬さんは投げていますし、修羅場も何度もくぐってきました。なにせ通算400セーブ以上の日本記録保持者ですから。
吉見のすごいところは、やっぱり底力ですよ。過去の実績はあるけど、手術を経て、久しぶりの登板でちゃんと結果が出せるところがすごい。1球1球丁寧に投げているのがよくわかるピッチングでした。日頃、ブルペンや2軍の試合で投げているときも、ただ投げているのではなく、常に1軍で投げることを想定して投げているんだろうね。大野にも、吉見の跡を継ぐようなエースになってほしいな。

――ベテランだけでなく、若手投手も奮闘しています。4月5日のDeNA戦では若松投手が7回無失点で2勝目を挙げました。

小田 いい投げっぷりだったね! オープン戦で打ち込まれた反省を活かしているんだと思います。翌日の試合で完封した小熊も素晴らしかった。ロペスにヒット1本打たれただけの準ノーヒットノーランでしょう? 僕が現役だった頃の小熊は、2軍では敵なしだったけど、1軍に上がると四球で崩れて打たれるの繰り返しだったから。今はドローンとしたカーブを武器に緩急を使って投げていて、いいピッチングスタイルができてきたと思う。まだ信頼感が出ているわけではないから、これから1年通してがんばってほしいね。中継ぎ左腕の小川龍也もいいし、今はみんなが一軍に残ろうと切磋琢磨しています。

――ネイラー、ジョーダンの外国人投手も勝ち星はつきませんでしたが好投しました。オープン戦の頃は「先発投手が足りない!」と言われていましたが、戦力が揃ってきた感じがしますね。

小田 うれしいニュースですよ。投手陣は層が厚くなっているし、層の厚さはチームの強さにつながるからね。

スポンサードリンク

1 2

shiro