データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



2016年パ・リーグ順位予想。ソフトバンクが独走V、3位は3チームに可能性【小宮山悟の眼】

いよいよ25日に2016年のプロ野球ペナントレースが開幕する。恒例の今季の順位予想をしてみたい。

2016/03/25

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



ソフトバンクは李が抜けた影響はなし。対抗馬はやはり日本ハム

 今回は、開幕恒例の順位予想を発表したい。まずは、パリーグから。
 
1位 福岡ソフトバンクホークス
2位 北海道日本ハムファイターズ
3.5位 埼玉西武ライオンズ
3.5位 オリックス・バファローズ
3.5位 千葉ロッテマリーンズ
6位 東北楽天ゴールデンイーグルス
 
 ソフトバンクの強さについては、今さら説明するまでもないだろう。ソフトバンク以外を1位に予想する人がいたら、見解を聞いてみたい。それほどオフェンス面、ディフェンス面、すべてにおいて他チームを圧倒している。また、選手層の厚さも群を抜いている。独走Vを達成するだろう。
 
 打線に関しては、昨年の優勝メンバーから李大浩が抜けたわけだが、その穴は簡単に埋まる。昨年、常時出場できなかった長谷川、吉村、上林、福田らを、今季は相手投手の右左や、その時の調子によって使い分けられるだろう。守備位置に関しても、彼らに、レギュラーの内川と中村、外国人カニザレスを加えて、外野、一塁、DHで流動的に起用すればよい。李大浩の移籍はむしろプラスに働くのではないかとさえ思っている。
 
 投手陣に関しては、和田が加入し、確実に戦力アップした。キャンプでも素晴らしいボールを放っていただけに、普通に二ケタ勝利はマークするだろう。死角は見当たらない。
 
 日本ハムを2位に予想した理由は、昨年と同じだ。エース大谷、4番中田という投打の柱が確立している点が心強い。投げるべき人が抑え、打つべき人が走者を返すという野球ができるチームは、戦い方が安定する。若い選手も育ってきていて、チームの新陳代謝も順調なので、昨年よりチーム力が落ちることはないだろう。ソフトバンクからはだいぶ離されるが、3位以下のチームとも離れる2位と予想する。

スポンサードリンク

1 2
shiro