プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



チームによっては主力級? 巨人の現役ドラフト注目選手5人(3)キャプテンシーも魅力の内野手

2022/12/06

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

2022年12月9日、プロ野球史上初の現役ドラフトが開催される。出場機会に恵まれない選手の移籍が活発化されることを目的としており、手探りの部分はありながらどういった移籍が実現するのか、注目するプロ野球ファンも多いはずだ。現役ドラフトの注目選手に関して、今回は巨人の選手を5人紹介する。

 

 

北村拓己


 
投打:右投右打
身長/体重:181cm/90kg
生年月日:1995年8月29日
ドラフト:2017年ドラフト4位
 

 星稜高、亜細亜大を経て巨人に入団し、ファンからの期待も大きい北村拓己。今ひとつ殻を破りきれていない現状を考えると、現役ドラフトの対象になる可能性も否定できない。
 
 夏の甲子園では鳴門高校(徳島)相手にホームランを放つなど、プレーで存在感を発揮。また、キャプテンとしてもチームを引っ張る存在だった。卒業後は亜細亜大学に進学し、3年秋・4年秋にベストナインを獲得。大学でもキャプテンを務めた経験があり、チームを引っ張る力に優れていたことが分かる。
 

 
 入団後2年間はファームで経験を積み、2019年は打率.290、8本塁打(どちらも2軍成績)と一定の成績を残して最高出塁率のタイトルも獲得。2020年から1軍での出場数を増やし、同年にプロ初安打・初打点を同時に記録した。2021年は地元の金沢で一発を放ち、覚醒の予感を漂わせたがレギュラー奪取には至っていない状態だ。
 
 2022年は坂本勇人の欠場が多く、ショートでスタメンを任されたこともあった北村。もし現役ドラフトの対象になれば、北村の獲得に動く球団も現れるのではないだろうか。