プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



新天地で大ブレイク! トレード移籍先で飛躍した5人(2)ブルペン支えた変則左腕

2022/11/22

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 ストーブリーグに突入したプロ野球。今オフはトレード市場が活発化しており、楽天・涌井秀章と中日・阿部寿樹の電撃トレードを筆頭に、主力級の移籍も相次いでいる。日本では後ろ向きな印象が強い交換トレードだが、新天地で才能を開花させた例も少なくない。ここでは、近年に移籍先でブレイクを果たした選手5人を紹介する。

 

 

公文克彦

投打:左投左打
身長/体重:173cm/83kg
生年月日:1992年3月4日
ドラフト:2012年ドラフト4位
 
 大田泰示とともに北海道日本ハムファイターズへトレード移籍し、同じく才能を開花させたのが公文克彦である。
 
 高知高校から社会人野球の大阪ガスへ進んだ公文は、3年後の2012年ドラフト会議で読売ジャイアンツから4位指名を受けた。プロ1年目から2軍で好成績を残し、シーズン終盤には1軍デビューを飾った。
 
 しかし、翌2014年から2年連続1軍登板なしに終わると、サイドスローに転向した2016年は12試合に登板したものの、同年オフにファイターズへのトレード移籍が発表された。すると、新天地ではブルペン陣の一角としてフル回転。加入初年度の2017年から3年連続40試合登板を果たし、貴重な中継ぎ左腕としてチームに欠かせない存在となった。
 

 
 2021年シーズン途中には埼玉西武ライオンズへトレード移籍。公文にとっては2度目のトレードとなったが、西武でも存在感を発揮。2022年は左肩のコンディション不良で出遅れたが、昇格後は主に左のワンポイントとして18試合登板で自責点0と抜群の安定感を見せた。